新着Pick
292Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ラッキンコーヒーのアプリは、注文から決済までシームレスに流れます。

でも、スタバはそれを4年前から米国でスタートしています。事前注文決済を完了したのちに注文商品を店頭でピックアップできるというサービスは、レジに並びたくないという人たちのニーズを捉えました。

ラッキンコーヒーは宅配までやってのけたことがスタバとの違い。決済とスマホアプリを組み合わせることで、一気に市場シェアを拡大する可能性もあります。

決済はユニコーンにとって重要な要素ですが・・・。空飛ぶブタでは。
中国スタートアップ時価総額上位に君臨するDidiを空飛ぶブタに分類しているのが大胆なご慧眼。まるっきりUberも同議論が当てはまります。
みなさんは中国で増殖している「便利蜂」というお店を知っていますか。無人レジが置いてある、24時間営業のコンビニチェーンです。この運営会社も中国ユニコーンです。

驚くべきことに、この便利蜂は創業3カ月で、なんと時価総額1000億円の評価で資金調達をしています。本当にそんなに価値があるの?と、一瞬驚いてしまいました。Amazon Goのような無人店舗のトレンドに、上手に乗っている事業展開です。

講座第2回では、ハイリスクな中国ユニコーンの見極め方を、いくつかのスタディを交えて解説します。どのような特徴で企業を分類すべきか。どのような点に留意するべきなのか。中国ユニコーンのバブルとチャンスの境界線について、きちんと学べます。
「空飛ぶブタ」はかなり過激な表現ですが(汗)、小米の雷軍さんの表現を引用することで、現地の生々しい温度感をお伝えできればと(現地の中でも当然、一概に全てのユニコーンを礼賛しているわけではない)

ちなみに最初は「叩き上げ」「サラブレッド」と並び「ドーピング」としていました(なんとなく競争馬シリーズ?)。
ここ数年のドーピング剤は、年間2000兆円を超えるモバイル決済で、その「マーケティング費用」として、(ともすれば創業時の実力を超えた)大量のドーピング剤が注入されてきた理解です。配車、出前、映画チケット、旅行予約・・・

いずれにしろ、ブタだけでなく風、競走馬だけでなくドーピング剤の種類を見ないといけないということかと思います(釈迦に説法ですが)
ファンドの運用ガイドラインなどでの売却もあるかもしれないが、レジェンドキャピタルが今もLuckin Coffeeを持っているのかが気になる。成長の持続性とその末でユニットエコノミクスが成立するかの期待値があるか、それともババ抜きか。
個人的には下記でコメントしたようにエコノミクスが厳しいように思うが…
https://newspicks.com/news/4141114/
もはや頻繁に耳にするようになったラッキンコーヒー。

実際の店舗は非常に簡素な作りで、内装費も安価であることがわかります。

設立18カ月でナスダック上場という史上最短の記録を持ちますが、
実のところ、米証券取引員会への提出書類では、2018年の売上は1億2500万ドル、オペレーションコストは3億6300万ドルで、最終損失は2億4100万ドルという超赤字体質企業。

さらに、ラッキンコーヒーの銭治亜CEOは、今後3年から5年にわたって「戦略的赤字」を出し続けると公言しています。

アプリダウンロードで、コーヒー1杯無料
友達を紹介する度に、コーヒー無料
毎週決まった曜日は、コーヒー無料

など、調達した巨額の資金を顧客獲得費用と事業拡大に注ぎ込み、短期間で“焼きつくす”手法は、コーヒーチェーン業界のofoとも揶揄されています。

シャオミや美団点評など、中国企業はIPO後苦戦を強いられるケースが非常に多いため今後のレバレッジストーリーに注目。
DiDiの動きが興味深い。ライドシェアがフィンテック化するのは、東南アジアのgrabとゴジェックも同じ。グラブはGrab Financial Groupを通じて、中小企業経営者向けの融資や、有力馬ドライバー向けの小口融資もしていて興味深い。

中国の動きは、東南アジアやインドもあわせてみると、より複合的、立体的に理解できます。
空飛ぶブタ、がIPOの常道になり過ぎているように感じる

ラッキンコーヒーで思い出すのは、1999年に中国にスターバックスの第1号店が出店した時のこと。中国ではお茶をみな飲みますから、コーヒーなんて飲まない。きっと潰れるだろうなと誰もが思いました。
そうしたら現在、スターバックスは中国に3000店舗のコーヒーチェーンを作りました。見事ですね。
中国のユニコーンを3分類してるのが面白い。
叩き上げとサラブレッド、そして空飛ぶブタww
勉強になる