新着Pick
599Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「これ、調べるのはかなり骨が折れました」。今年6月、中国の中関村にあるベンチャーキャピタルのLegend Capitalを取材していた時に、5ヶ月間にわたって投資のプロたちが調べた独自資料をプレゼンテーション形式で見せてもらいました。それがこの企画の発端です。

第1回目は、「そもそも中国にユニコーンは何社いるのか?」という、当たり前のように思えて、とても奥深いトピックを解き明かします。米国調査会社のCB Insightsは91社としていますが、独自調査では222社にのぼりました。

なぜ、1000億円以上の時価総額をほこる企業数で、ここまで数が異なるのか。日本人が見落としているデータがあるのか。日本初公開のデータを基に、解説をすすめてゆきます。

*全資料を添付できませんが、その内容は非常に面白いものです。
アフターデジタル読者におなじみの平安保険ですが、途中に出てくるルーファックス(陸金所)は、平安保険からのスピンオフに当たります。金融からずらした生活領域でグッドドクター(好医生)をよく取り上げますが、平安保険が金融本筋で最も成功させているデジタルサービスがルーファックスです。

そう整理すると、途中で出てくる「中国金融投資網による中国ユニコーンTOP10」に新たに追加される黄色い7社は、アリババ系(アント、アリクラウド、菜鳥)、テンセント系(JD金融、快手、ウィーバンク)、平安系(ルーファックス)という、私企業の時価総額ランキングトップ3の陣営に整理できることになります。

うーむめちゃくちゃ面白い。なんとなくもやっと知っていたことを超明快に教えてくれる。板谷さんとパクさんすごいですね。
朴さんと板谷さんによる信頼できるデータ。
中国政府による昨年の発表は164社でしたが既に200社超え。ただしとにかく大手子会社だらけ。一粒で2つも3つも美味しい、理屈よりも実利の中国ならでは。これはシリコンバレーでは絶対に無いアンビバレント。
超力作!これは勉強になる。子会社スピンオフは競争が激しい中国ならでは。凄く合理的!

中国のユニコーン企業と呼ぶべき企業数は222社(2019年3月末時点、以下同)としました。中国のインターネット大手企業たちが、相次いで子会社をスピンアウトさせていますが、実はこの子会社がユニコーン企業になっている。
BAT(特にA・T)経済圏が大きいことが、ランキングのギャップとして顕著。A・Tが巨大なネット企業としてだけでなくインキュベーターとしてもエコシステムを作っているのだろう。
Face++のMEGVIIとかも評価額5000億円などといわれているのに、評価額がもっと大きい企業が多いから記事に名前も出てこないこと自体が、すごさを表しているとも思う。
https://newspicks.com/news/3990230
よくまとまった素晴らしい記事ですね。

CB Insightsのデータは私も見ましたが、記事にもある陸金所などが含まれていなかったので、過小評価されているだろうとは思っていました。

連結子会社を含めるなど、定義を揃えた上での米中比較も見てみたいですね。

なお私個人的には、依然として厳しい規制があり、中国人が不便に感じている医療、教育分野はまだまだ伸びそうな気がしています。
なかなか調べるの大変だったと思うけど、親会社とのダブルカウントになってしまうので連結子会社をどこまでユニコーンとカウントするかは悩ましいところ。
ここ数年、中国ユニコーン企業数の統計は、米国のCB Insightsと、上海の胡潤研究院のデータ間で、常に2倍の開きがあった。中国より西欧の機関を信用するという考えは、当然あるだろう。しかし、胡潤は、ルクセンブルク出身で英国の公認会計士資格を持ち、中国語と日本語を含む7言語を習得したRupert Hoogewerfの創業した機関である。1999年創業以来、実績を積み重ねてきた。国家統計局データのように、政治的加算など必要ないはずだ。それに常に上海から中国経済全体を見渡している。ではどちらが正しいのか。

今回のレジェンドキャピタルのよる独自調査は、その結論を導く内容である。胡潤よりもさらに多いという。しかもそのギャップについて詳述している。それはIT巨頭、具体的に言えば、アリババ、テンセント、バイドゥ、京東、中国平安の5社の子会社をどう評価するかにあった。

優秀な人材をグループに留め置く戦略として、あえて子会社を作る、という分析は秀逸である。子会社が独自に価値を高めていく間に、本体は、別の戦略投資、ベンチャー投資に資金を回すことができる。700社以上に投資し、63社を上場に導いたテンセントはその典型だろう。

この5社とそのグループ内ユニコーンたちは、経済規模の30%、雇用の25%を占める国有企業の改革にも大いに力を発揮している。ユニコーンにも従来型国有企業にも、圧倒的な影響を及ぼしているのだ。どれだけ分析しても不足のない相手である。
中国は米国を抜いてトップのユニコーン製造マシンなのですね。セクターでは金融やクラウドが多い。

金融トップクラスはAlipayを提供しているアントフィナンシャルです。ずいぶん前からIPOが話題になっていますが、時間がかかっている。これがIPOしたら市場は活気付くでしょう。
未上場企業の資金調達におけるバリュエーションから逆算すれば、地下に潜るユニコーンの数はこんな数どころの話ではない。