新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本政府上げて慰安婦像撤去を世界中で取り組んでいる中で、これはありえない。ましてや、日本国民の象徴たる天皇陛下のお写真を焼くということは、日本という国で許されるべきことではない。それは芸術とか表現の自由とかそういう問題ではない。撤去は当然だし、そうなって本当に良かった。

 日本の「表現の自由」といのは少々ずれていると思う。なんというか「表現の自由」と言ってしまえば、町の景観を著しく害する醜悪な看板だろうと、人の気持ちを不快にしたり、傷つけたり、怒りを覚えさせたりする展示や表現も、「芸術だ、表現の自由だ」と言って大手を振って通る、みたいな。

でも、どこの国でもそうだが、「表現の自由」といえば、なんでも許されるわけではない。

 それぞれの社会における「コモンセンス」(良識)みたいなものをわきまえるべきだ。今回、多くの日本国民がこの展示に対して違和感を感じ抗議したわけで、そこには日本におけるコモンセンスがあったということではないのか。むしろ、政府のお金が入っているかどうか、ということではなく。
イスラム教の偶像、在日に対するヘイトスピーチなどを展示せず、あの展示内容ではアートをダシに使った特定政治思想のプロパガンダと言われても仕方がない面があります。リスクを見込んで実施するなら、そうしたバランスを配慮する必要がありました。

また、本当にアートとして世間に問題提起をするなら、巨額の税金で開催される芸術祭が場として適切だったのでしょうか。確かに公が実施する場だからといって行政のチェックが全て入るのもどうかと思いますが、理解を広げることが重要であれば、親のお金をもらって親からの自立を訴えても逆に反感を買う逆効果になってしまいます。

そして、圧力に屈した形になった大村知事はそれでいいのでしょうか。今後も正しい、適切な展示等であっても同様の脅迫行為があれば中止するのでしょうか。後に変な前例とならないよう、何が中止の理由なのか、しっかり整理するべきだと思います。行政のことなかれ主義を変えていくことが私たち首長に求められているし、大村知事もその志があるのではないでしょうか。
慰安婦像問題の本質は、慰安婦像そのものよりも「韓国挺身隊問題対策協議会」という名の筋金入りの反米・反日・親北朝鮮の団体が「20万人の女性が日本軍によって拉致され性奴隷にされた」という明らかな嘘をこの像とともに世界にばら撒き、世界がそれを信じるようになったところにあるのです。残念ながら自分で確認はしていませんが、日本大使館や総領事館の前に設置された像には、20万人、という数字はないそうです。そこに書けば、歴史的な事実そのものが争いになって、日本の某新聞社の虚報に乗って作り上げた嘘が議論の俎上に正式に上がりかねからでしょう、たぶん。
慰安婦の皆さんがそれぞれに不幸な過去を負っているのは事実でしょうが、銃剣を突き付けて拉致して強制的に性奴隷にした、ということでなければ、血気盛んな兵士の暴走を抑えるため、どこの国の軍隊もそのような慰安の場所を設けていたと今は亡き当時の人から聞き及びます。残念ながらこの像には、芸術を超えた政治的、それも極めて特殊なメッセージが込められているのです。
脅迫電話やメールがあってはならないことなのは間違いないですが、国民に知ってもらうべき「あってはならないこと」は、このような背景を持つ像が、いかに自由な言論を保証する我が国とはいえ、国の補助金を投入して行われる“公的な”祭典に展示され、一つ間違えば世界に嘘を納得させる道具に使われかねなかったことじゃないのかな・・・ (・_・;)
大村さんは、逃げていると思う。「脅迫の電話やメール 安全運営に危惧」だから中止というのでは、最も重要な「何が正しい」のかという議論を避けていて、ズルい。「危惧」があるならば、セキュリティを強化すれば良い。そんなことを理由にするのは、本質から逃げている。一番重要なポイントは、「この展示を税金を投入してやって良いかどうかの判断」である。そこの説明をしないで、中止の判断をするのは、ミスリーディングだと思う。

僕の判断はシンプルだ。「税金を使った場では、政治色が強すぎて不適切だから展示を中止する」だ。税金を投入した場でやるということは、愛知県が後押ししているとみなさなれる。だから批判が多いのだ。税金が使っていない場であれば、勝手にやるのは自由だ(それでも批判を相当受けるであろう)。

しかし、NHKはなんで韓国の主張ばかり多く紹介するのか?とてもアンバランスな感じがする。
ネット界隈では慰安婦像よりも昭和天皇の写真をガスバーナーで燃やしたあとに灰を踏みつけるという映像展示の方が遥かに問題になっているのだけど、報道でそちらが見出しに載ることはなぜか少ないですね。私もそっちの方が一線超えていて気分悪いです。これに公金11億円とは。

https://twitter.com/jocx_tv_kawada_/status/1157553747393781761?s=21

慰安婦像の問題は、どちらかと言うと大使館の前に作ったり、米国の自治体が公的なエリアに設置したりと、民間の自由な表現を超えたところが問題視されているわけで、別に芸術祭で展示するくらいで目くじらをたてる人はそれほどいないような気がします。これがアートかどうかはともかく。

メディア的には、今は韓国との対立を煽り、日本が韓国に不寛容であるという印象を与える記事の方が読まれやすいと考えているのでしょうか。


実際の苦情内容はなにを問題視したものが多かったのでしょうかね。


こちらは電話200件で中止とのことですが、神戸の自衛隊イベントでは10件の苦情で中止とのこと。


‪自衛隊イベント中止「朗報」 中止申し入れ団体の書き込み批判 https://special.sankei.com/a/politics/article/20190731/0001.html
アートの概念を狭くとられる方が多いのですが、アートは受け手の側の感情を揺さぶる創作活動をさします。それは有形なときもあるし、無形のときもある。すべては受け手にゆだねられます。この展示は中止となりますが、「表現の不自由」をテーマにしたコンセプトそのものは、まさにその通りの時代状況をトレースし、再現し、証明するかたちで完成されたとも言えそうです。

これをきっかけに巻き起こったさまざまな議論すべてに意味があり、そしてそれが、いまの日本社会を映し出す鏡なのだろうと思います。大村秀章愛知県知事は卑劣な脅迫や恫喝によって正常な運営が困難になったことを打ち切りの理由とし、行政が展覧会の中身にコミットするのは控えなければならないと話していました。あくまでも卑劣な脅迫、恫喝に耐えきれなくなったという、ぎりぎりの判断だったようです。
展示内容は批判が出てくる類のものであるとは思います。私もこの過激な展示は、個人的には好きではありませんし、政治思想的にも相入れません。ただ、これは津田さんも想定済み。

しかし、この表現に対して政府が圧力をかけたり、ましてや匿名の脅迫を行うことは表現の自由に明らかに反します。特に脅迫については直ちに捜査を行うべきです。脅迫すれば考えの異なる表現を排除できるという悪しき前例にしてはいけないと思います。
日経新聞の記事によると、知事は、
「表現行為について行政が口だしするのは(表現の自由を保障した)憲法に違反する恐れがある」
と述べたと書かれていました。

この論でいくなら、私たちが「わいせつ物の展示会」を催しても、行政機関である警察は文句を言えなくなりますよね。

憲法21条で保証された「表現の自由」は、民主主義を支える重要な権利であり、個々人の自己実現に欠かせないものです。

しかし、「わいせつ物」が規制されているように、「見たくない人」「聞きたくない人」の権利を著しく侵害することまでは保障されていません。

また、税金が投入される以上、投入した側の行政が何らかの口出しをするのは許容されて当然です。
民間のスポンサーが付けば、スポンサーの意向には逆らえないでしょ。

税金が投入された「公の展示会」で、多くの人たちが「見たくないモノ」を展示するのは、表現の自由の保障の範囲外です。

私費で展示会を開催し、内容を知った上で訪れる人に対しては、慰安婦像であろうとわいせつ物であろうと展示しても構わないと考えます。

この点で、日本のわいせつ物の規制は過度な規制と判断できます。
中止云々はさておき、この脅迫FAXを送り付けた奴が許せない。
どんな表現もその自由は守られるべきだとか寝言ほざいていた奴もいるみたいだけど「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」なんて表現が許されていいはずがない!言っていい事とダメな事、やっていい事とダメな事くらいの分別くらいつけろよ。県警は絶対捕まえてください。
うそを拡散させることと、表現の自由は別の次元で語り合うべきではないのか。