新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksをご利用の方の多くは、熱中症になるとすれば外出中ではないかと思います。涼しい環境で過ごされるのが一番ですが、そうもいかない、ということもあると思います。長時間のお出かけや運動をされる前には、以下のような対応を取るのが良いと思います。必ずしもエビデンスベースではありませんが、ガイドラインなどで推奨される方法です。

1. 水分摂取は出かける4時間ほど前から始めます。例えばですが、まず500mlのペットボトルの半分ほどを飲みます。その後2時間おきに同量を摂取します。外出前にペットボトル1本は飲んでおくようなイメージです。

2. Precoolingも有効とされますので、外出前から首もとなどを氷枕や冷やしタオルで冷やします。

3. 外に出てからも、こまめな水分摂取とクーリング、休憩を心がけましょう。衣服が汗でびっしょりになったらすぐに着替えないと、熱放散が妨げられます。肌着の着替えを持ち歩きましょう。

4. めまいや過度の疲労を感じたら、早めにブレーキをかけ、日陰や涼しい室内で休みを取るようにしましょう。

5. 外出中に、あるいは家に帰ってからでも、いつもよりひどく長い筋肉痛を感じたり、尿に褐色や赤みを見たら、医療機関を受診してください。熱中症や横紋筋融解症の可能性があります。
現在日本付近は背の高い太平洋高気圧にすっぽりと覆われており、暑くなる典型的な気圧配置となっています。さらに台風8号が小笠原付近から日本の南の海上を進んできそうですが、これが南の海で強い上昇気流をもたらしているため、その反動での下降気流が周辺に発生して高気圧を強めますので、暑さをさらに助長します。週末から来週初めにかけては全国的に猛暑となりそうですから、暑さ対策は万全にお願いします。
また、涼を得るために海や川でのレジャーをお楽しみの方も多いかと思いますが、水の事故には十分ご注意ください。また、関東から西日本にかけての山沿いを中心に午後からは雷雨が発生しやすくなります。突然の大雨や落雷はもちろん、上流の大雨で雨が降っていない下流側で急激に増水することがありますのでその点にも注意が必要です。

台風については8号が6日ごろに西日本に接近するか上陸する可能性があり、さらにこのあとフィリピンの東の海上でも発生しそうで、来週末には沖縄から西日本に影響する可能性が高くなっています。特にフィリピン沖で発生する台風については勢力が強い台風となりそうで、お盆前の連休への影響が懸念されます。今後の情報にはご注意ください。
水分を取ることも大事ですが、塩分も意識的に取る必要があるそうです。
塩にもミネラルの観点で色々と留意点があるみたいですが。

https://toyokeizai.net/articles/amp/128272?display=b&amp_event=read-body&_gl=1*bywzay*_ga*aFJoRVhiRUpmVjZSZkhVNldVVDROMm5KcF8zcmsyM1hHWjRwVDRPOGN6QjZDTTRFRGpxc2lJMEdXVFdWZ3g2bA..
長かった梅雨時期と打って変わって、連日の猛暑で体がついていくのもやっとだと思います。

夏休みで、海やプール、花火大会やお祭りで外出する機会も増えると思いますが、熱中症になるかも知れないという前提で十分に気をつけて出かけてください。


私も昨日歩いている途中、急に目の前がブラックアウトし、立ちくらみしました。
普通に過ごしていても、熱中症になる危険性があると感じた瞬間でした。
学生時代、琵琶湖でカヌーの合宿中に、急に視界がボヤけてきて、これはやばいと思って近くにいた先輩に助けてもらって、その後に艇ごと岸辺まで連れてってもらったんですが、そこからが大変。艇から降りて歩けないどころか両手両足が攣ってしまい、痛いのなんの。全身痙攣のようになったところで、近くを犬の散歩で通りかかった方やマネージャーやらに助けて頂きました。人生で初めてヤバいと思った瞬間でした。。

ちなみにこれには後日談があり、その後に行った病院で点滴を打ってもらった時に、初めて金縛りを体験。意識があるのに身体が動かず、声も出せない恐怖まで体験しました。その時に初めて金縛りって睡眠不足など疲労からくるものだと知りました。
本当に、来年のオリパラは止めた方がよい。

競技者も観戦者も、身体を壊すようなことをせず、命を粗末にしないことだ。

「温暖な気候」とウソをついてまで、「オ・モ・テ・ナ・シ」と言って、オリパラを招致した人達を恨む。

競技団体が注意を喚起し、警戒ラインを設け、緊急時の対処法を用意しないことが理解できない。

まさか、打ち水や日傘で対応できると思っているのだろうか?
活動するにしてもこまめに日陰に入らないと危険ですね。
今日外歩くので水などよく準備していきます...
かつて、京都議定書に書かれた日本の温室効果ガス6%削減の実行策として、クーラーでの室内温度を28℃までにするようにと謳われました。

近年はこの28℃という閾値はほとんど考慮されなくなっています。室内での熱中症対策としては、各自の判断で室温調整を行いましょう。
室内にいても、これでもかというくらい水分を取る。

8月はとにかく水分。
水筒持参は欠かせない。
コーヒーも良いけど、お茶だね。

午後は炭酸水。
もう室内と屋外で別世界
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2,754 億円

業績