新着Pick
11Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"面白い記事は発信者の主張に聞く耳を持ってもらえる。つまり、ファンを作ることができる。ファンを作ることができれば、ブランドは育つし、そのブランドの商品は結果的に売れることにつながるわけだ。(ファン本人が買わなくても、周囲に推奨してくれたりするだろう)"

たまたま読んだこの投稿、ご本人は存じ上げないが、この概念ほど言う(書く)は易し行うは難しのものはなく、広告マンとしてここにやりがいを求めると事業目線の欠如が伴い、個人的には、正味時代錯誤としかいいようがないと思う。面白いものが作りたいなら、広告ではなくコンテンツを作るべしな時代である。広義だと、事業もコンテンツになり得る。

"広告宣伝の意義は、本来決していわゆる売らんがためのものではないと思います。こんないいものができた、これをなんとかして知らせたい、そういうところから出てくる、まことに尊い仕事ではないでしょうか"

という松下幸之助の言葉を引用して書いてあるが、この言葉はそんなに軽いものではない。事業目線で、このセリフが言えるのは完全に事業を自分ごと化できているほんの一握りの人と企業だけである。少しカジュアルに話を拡げると広告よりも戦略PR的なものにはなるんだけれども。