新着Pick
637Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うならされるインタビューでした。

日本のアニメの隆盛や、Netflix、Amazon Primeなどのストリーミングがその架け橋になっていることはもちろん知っていましたが、かつて日本コンテンツを放映していたテレビ局の動きや、映画業界の立ち位置を含めた「うねり」をこれほどまで立体的に示してもらえることは稀です。

今、アメリカでは、90年代にドラゴンボールのアニメを見て育った世代のアーティストたち(特にヒップホップ)が、ラップのリリックに「Super Saiyan(超サイヤ人)」などと当たり前に入れてくる時代です。

ストリーミングの隆盛で、こうした動きは、アメリカに限らず、各国に広がっていくのではないでしょうか。
地道な積み重ねが、大きな動きへと繋がった良い事例だと思いました。
単にNetflixやAmazonが出てきただけでもダメだったし、そうした機会をうまく生かすためには、背後の仕事の積み重ねの地道さが垣間見えます。
アニメはキャラクターの国籍が関係ないので、アニメで進出して、実写や関連グッズなどで何重にも稼げるわけで、すごいことですね。
一方、アニメ製作や漫画家さんを生み出す方はどんな状況なのかも知りたいと思いました。こちらが枯れてしまうと、先細りになりますからね。
また、「クールジャパン」政策の課題点が指摘されているように見えますし、結局国策で動きを起こしたり、ましてや短期的な成果を出そうとすることには無理があるのかなとも思いました。
この話題は詳しい人の話を聞きたいと思っていたところ。日本のコンテンツについては、期待やポテンシャルで語られがちですが、現実を見据えた上での興味インタビューでした。

ちなみに、ドラマだけの輸出額で言えば、世界の2位と3位は韓国とトルコが争っています。イスタンブールで、やけに南米の人が多いと感じた場所がありましたが、詳しい人によると「聖地巡礼」に来ているブラジル人がいるとか。
日本のアニメのハリウッドでの映画化は、『ドラゴンボール』を含め興行収入的には死屍累々といった観がありましたが、『銃夢』と『ポケモン』の実写化ヒットで流れが変わったかもしれません。
 日本のテレビ局主導の、制作委員会を組んで1期12話のアニメをつくる、そしてDVDやブルーレイが売れなければ収益が上がらない、という体制は行き詰まっています。日本の熱烈なファン(それも少子高齢化していますが)が特典付きブルーレイを買い込むから何とかやってきました。しかし、アニメ制作会社の重労働・低収入のようなところに弊害がのしかかっています。日本のテレビ局にできない以上、NetflixなりAmazonなりに製作費を出してもらって世界中に配信することで、収益の上げ方を抜本的に変えるべきです。
日本のTVが制作し、海外のTVで世界に浸透した日本のアニマも今はTVから閉め出される一方、Netflix、Amazonといったネットが制作・流通の主役に。黒船ではなく有力なパートナーに見えます。日本は原作力と制作力を活かしたい。
NetflixやAmazonによって、映画の流通が変わったことがよくわかりました。Amazonエフェクトは映画・IP業界にも起きているのですね。

日本のIPが世界で注目され、視聴者にダイレクトに届けられていることは嬉しい限り。その裏では、複雑な権利関係のチェックなどの事務をきっちりとこなす人の存在が重要。
逆説的だが、テクノロジーでこれだけ流通が早くなっているなかで、テクノロジーが発達する前の時間からコンテンツを手掛けて時間をかけてきたことのメリットが出ているように思う。ドラゴンボールの収益が過去最大を記録しているというのは驚き。
「原因」と「結果」、また結果をいきなり取りに行っているのではないかというくだりは、とても共感をする。時間が育む価値にしっかり投資をしていくことが重要だと思うし、それは結果ではなく原因というか本源的な価値を見つめていくことから始まる。
ローカルの流通を持つ意味がなくなっていっているというのもその通りだと思う。というか、今までは電波に規定される規制産業だったのが、テクノロジーでプラットフォームが流通を握るようになった。流通の価値自体はあるが、それが規制では守られなくなって、制作・IPホルダー側からすると、コンテンツを適切な流通に適切な形で流せるかの戦略が問われる時代になってきた。
東工大の柳瀬先生がおっしゃられていたことだが、テクノロジーがコンテンツの在り方を規定しているとおっしゃっていて、その典型例だと思う。在り方が変わった結果として、コンテンツの価値が上がったし、その価値変化に即して権利戦略も適切なものにできるかが、コンテンツをグローバルに流通させて収益化させていくためには重要なのだと思う。
聖闘士星矢を忘れているぜ。

実際、DMM英会話で他国の先生と沢山会話をしましたが、(DMM英会話の先生だからかもしれませんが)ほぼ全員の先生と日本のアニメについて盛り上がれます。ラポールの定番です。
カウボーイビパップはアニメ見たときに、実写でもいけそうと思った。選球眼がいいな!
貴重な内容のインタビューですね。