新着Pick
348Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
共産党員がテンセントなどの大企業でたくさん働いているのは送り込まれたというより、普通に優秀な人材に共産党員が多いだけだと思います。
中国のいい大学で、目立っていると、共産党から党員にならないかと打診があります。
とても名誉なことなので断る人は殆どいません。ようするに、学生時代に優秀な人を青田刈りしているので優秀な共産党員が多いのです。
共産党員は政治だけをするわけではないので、大企業だけでなく、中国のどの組織にもたくさんいます。それも、優秀な人材が多いので、トップにいることが多いです。
今のところ共産党のシステムは盤石だと思います。
一見してセンセーショナルだが、中国共産党は9千万人と日本の全人口に近いくらいいるのでさもありなんという気もする。
党員の人口比6%、テンセント社員の25%というのは、共産党は優秀層でテンセントは超一流企業だからなのか、あるいは何らかの恣意性があるのか。現地精通者のコメントがもう少しあると助かる。

---------テンセントの社内には、2018年4月2日の共産党員ネットの報道によれば、約8000人の共産党員がいる。これは社員数の約25%にあたる。さらに中層以上の管理職にも数百人単位で党員が就任している。
共産党が大手企業の人事を握っているそうです。党員だけが上層部に昇進できるのか、という疑問が湧きます。が、トップの言動をみると、それを認めざるをえない。

中国と付き合うということは、共産党と付き合うということなのですね。香港の暴動は、これに異を唱える人たちのエネルギーの爆発なのでしょうか。
拙編著『中国S級B級論』で取りあげましたが、2015年の人口調査によると、大卒の25%は共産党員。一流大学になればなるほどこの比率は高まると予測されますので、名門校出身者ばかり取ってるテンセントに党員が多いのは何も不思議ではなかったり。
しかも人に金を払って作文を書いてもらったりする不真面目党員も多く、党員の数だけでは何も言えないと思うのですが。
学校で成績優秀だと推薦されるので、党員になるのは、クラスの学級委員に選ばれるようなもの、と聞いたことが何度もあります。
中国在住の日本人作家の妄想第二弾も予想とおりすごいです!

昨日は「全文のロジックが弱い、論点に証明できる事例や数字が足りない、根拠はは全くありません」でしたが、今日は数字だけを補充したことを褒めなきゃならないですね。しかし、ロジックは相変わらず弱い、「全て党のもの、ファーウェイは党企業などなど」も馬鹿馬鹿しい、根拠どころか本文的に間違っています。そもそも、中国の党員人数は9000万、中国の「入党」と日本の「入党」は違うのレベルです。中国共産党はそこまで強いと書かれて、私も入党しちゃうかなあ。。

本文のロジックは「日本人の皆さんのお父さんやお爺さんは第二次世界大戦に参加しなかったでも応援しました、だから皆さんは罪の子、罪の血を流れてる悪魔」と一緒です。

Newspicks編集部にもう一度提言させて頂きます:
中国に詳しい有識者が少ないですが、こういう売れるのため手段を選べない「作家」は極めて多いです。掲載する前に、1つの確認方法があります。
筆者に「書いたものの責任を取れますか?中国語を訳して、あなたの中国人知り合いを含め、大勢の中国人に見せても大丈夫ですか?」を聞き、筆者が正々堂々と「はい、どうぞ。事実を書いてましたから、どの言語を訳しても誰に見せでも恥ずかしくありません」と答えるかどうかです。これこそが事実および公正性に尊重すること。

谷崎さん、明日の妄想第三弾、楽しみにしてますね〜

追記:
「いいね」1位のに…見えないぐらいの順位に落ちてしまいました。さすが〜
私のコメントには事実しか書かないから、どの言語を訳しても誰に見せでも恥ずかしくありません!
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート

業績