新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均+0.09%、TOPIX+0.14%、マザーズ+0.04%、REIT-0.24%。
今後の利下げ期待を減らすFRBパウエル議長の発言を受けた米株安で200円以上安の時間もあったが、前場中にはプラスに。後場もわずかなマイナスの時間が続いたが、引けで上がってプラス。ダウ先物は-30ドル、アジア株は上海-0.81%、香港-0.78%、韓国-0.36%、台湾-0.85%というなかで日本株は粘りを見せた印象。
業種別には証券+3.97%、銀行+1.41%、医薬品+1.34%、その他製品+0.97%、その他金融+0.84%などが上昇。マイナスは海運-1.69%、化学-1.67%、空運-1.42%、電ガス-1.37%、倉庫運輸-1.14%など。
個別では野村+9.02%、TDK+7.79%、武田+7.40%といずれも決算を受けた動き。マイナスはヤマト-7.95%、日通-7.95%、東ソー-6.98%といった具合。
結局、日本株は為替次第の典型的な動きになりましたね。
日銀の金融政策も、為替次第なところが大きいと思います。
FOMCを受けて米国株は急落、東京市場も一時下げ幅が200円超となりましたが、午後は持ち直したようです。