新着Pick
58Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ティアの葬儀の平均参列者は35人と約10年で4分の1に減少した」とのこと。10年前の平均参列者が140人だったのもびっくりだし、10年でこの変化というスピード感もびっくりです。

親族だけでくつろげる空間を用意するなど、本当に大事な人たちとゆっくり過ごすことを重視する流れになっているように見えます。

残される方はあまりいろいろ考える余裕もないものですから、形式やもてなしにとらわれず、親切価格で、クリーンな感じの業界になっていくのはとてもいい流れだと思います。
「ティアの葬儀の平均参列者は35人と約10年で4分の1に減少した」とのこと。大企業に在籍していた15-20年前は、職場関係の葬儀は確かに多く、上司もよく法事に出かけていたような気がする。「人生100年時代」で寿命も伸び、またプライベートと仕事を切り離す傾向が強まり、家族単体で冠婚葬祭を行い、豪華というよりは簡素な式を行うケースが主流になって来たと思う。これも世の中の趨勢で不可逆な流れかと思う。
死亡を公表して葬儀を行うと、高齢の方々に無理な参列を強いることになるわけで、直葬・家族葬というのは時代の要請とも思います。
家族葬専用ホールはコンビニ跡地でも立ち上げ可能で、初期投資が従来と全く異なりエリア別に展開しやすい強みはありますね。
家族葬を行う人増えてますね。参列者が減っているというのも納得。
現役世代の方がお亡くなりになった場合は会社関係の人など多くの参列者がいらっしゃる印象。この傾向は今後も強くなりそう。
高齢になればなるほど、地域との関わりが薄くなっていっているということの裏返しでもありそう。