新着Pick

「LINEの街」福岡市で見たスマホ生活の未来

東洋経済オンライン
従来のメッセンジャー機能を超え、日常生活のあらゆる場面に入り込むことを目指すLINE。国内月間8100万のユーザー数は天井が見えてきており、ユーザーの利用頻度を上げ、1人当たりの収益をいかに拡大するかが成長…
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほどなー、これはサスガLINE。
行政や自治体と連携すると、幅広い世代に認識されるし、何よりお墨付き感が凄いですよね。
個人的にも、昔からずっとLINE Payとメルペイが本命と思ってて、その理由はアプリを使う理由があるから、の1点なんですが。
この福岡市の事例は未来像の1つとしてわかりやすいですね。
もちろん、最終的に決済サービスとしての競争においては他のサービスを選択される可能性もありますが。
こうやってインフラとしてのユーザーエクスペリエンスの全体を設計できると、ポイント還元とかで無理やり使わせるんじゃなくて、その流れの中で普通に選択される存在になれる可能性がLINEにはある気がします。
特に個人的に記憶に新しいのは、日本において東日本大震災の時にツイッターがインフラとして使われたことで、その後行政や自治体が一斉にツイッターアカウントを開設した流れ。
あの後広告業界ではfacebookブームが来て、ツイッターは終わった扱いされたんですが、実際には地道に日本人の生活に浸透していったんですよね。
そういう意味でも、こういう日本の社会インフラ自体に入り込んで、普通に使われる存在になろうとするLINEのアプローチには、ある意味中の人達の覚悟を感じます。
課題として予算が指摘されています。無論、その通りですが、目先の予算のために、電子化を進めないとその方がコストがかかるのでは。また、マニュアル作業によるミスのリスクも大きい。

スマートシティ的な事例として興味深く読みました。日本でスーパーアプリ化の可能性があるのがLINE。
いいことだと思いつつ、LINEはドメスティック感が強かったのに、さらにローカル感が増している気がしてしまった・・・LINE Payいまいち盛り上がりに欠ける。

業績