新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワークマンは「プロ商品の一般化」という文脈で、機能性と値段の認知バランスが良く一気に伸びてる印象。別記事ですがフランチャイズ条件も優しいらしく、店舗数の伸びが激しいですね〜。現在ユニクロ超えの839店舗で、2025年までに「1,000店舗の壁」に到達すると…勝手ながらちょっと心配。
https://diamond.jp/articles/amp/203931?display=b

無印良品は2月決算があまり良くなかったのを打ち返す国内事業の伸びとのこと。衣料品の値下げが奏功したとのことで、なんだか複雑な気分ではありますが、値段に比べたブランドイメージのバランスが良いんでしょうね。全体の客数は8.3%増、客単価は3.4%減ということでやっぱり客層って変化してたりするんでしょうか?興味津々。
https://news.livedoor.com/article/detail/15083632/

全体のパイが伸びてない中で頑張っている企業もいるのは心強い一方で、ヒット企業が入れ替わったとしても(そして、それが規模の経済性でより低価格帯に流れていても)栄枯盛衰な気もするので、持続可能性の高い仕組み作りって何なんだろうと思い悩む水曜日の朝。
ワークマンにはホント驚きました。ゴルフ、マラソン、登山をしますが、冬場から肌寒い季節のインナーは実は共通でいけます。専門のものを使っていましたが、この数年ユニクロ化していき、ワークマンを試しつつあります。デザインがイマイチなのでアウターには躊躇しますが、ユニクロも最初はそうでした
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
5,750 億円

業績

株式会社しまむら(SHIMAMURA Co., Ltd.)は、日本の主に郊外を中心に多数の店舗を持つ衣料品チェーンストアを展開する会社であり、国内では業界第2位である。日本全都道府県に店舗を持つほか、台湾などへも展開している。 ウィキペディア
時価総額
3,127 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.85 兆円

業績

株式会社ワークマン(英語: WORKMAN CO.,LTD.)は、群馬県伊勢崎市を本拠にGMSベイシア、ホームセンターカインズなどを抱えるベイシアグループの一員で、主に現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店として国内最大手に成長した。関東地方を中心に北海道から九州にかけてフランチャイズ展開しているチェーンストアである。 ウィキペディア
時価総額
5,656 億円

業績