新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「片岡委員が現状維持を決めた多数派の意見に対し、「短期政策金利を引き下げるべき」と政策手段を特定して反対している。同委員は前回会合まで、政策手段を特定することなく、抽象的な金融緩和の強化が望ましいとしていた。短期金利を現在の-0.1%からさらに引き下げることが金融緩和の最右翼」