新着Pick
666Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アスクルとヤフーが、ECサービス「ロハコ」の経営権を巡って、親子で激しい対立を続けています。あと2日で創業社長の座を追われるであろう、アスクルの生みの親、岩田彰一郎社長にその胸の内をインタビューで聞いてきました。

アスクルは「成長事業を乗っ取られた」と主張し、ヤフーは「経営不振を問うただけ」と返しています。しかしアスクルのIRページに行けば、びっくりするほど、生々しい両社のビジネスのやりとりが明らかにされています。普段はなかなか見ることのない、むき出しのやり取りが、そこには綴られています。

明日の8月1日にはアスクルの取締役会で、資本解消をするための「最後の一手」が打たれる見込みです。経営のガバナンスだけではなく、資本提携のリスクであったり、株主との信頼関係の変化であったり、さまざまな論点を含んでいる騒動だと感じます。インタビュー、ぜひご一読ください。
整理されていて今の課題がよくわかりました

出資側と出資受け入れ側には、この手のはつきもので、契約は常に不完備なもの。理由は突発的なことを全部契約書に入れ込めないし、契約書とはある意味確率の話を形にしたものと私は考えてます。じゃあどうすべきか?Tirole(2005)にあるようにもしもに備えた所有権の明確化しかない。TOB禁止条項もあるなかでファンドも出動してくるのか注目したい事例
記事を読んで、創業社長の気持ちは分かるけれど、上場企業の社長をやるには考えが資本主義に適合してなくて脇が甘いような・・・。

結局、事態は資本の論理に従ってしゅくしゅくと進んでいきます。ヤフーや少数株主といった株主は、アスクルという箱(法人)ではではなく、事業ファーストで(仮に事業が分割されていくにしても、それらの)総体としての株式価値が高まる方法を選択していくのでしょう。
岩田氏から見える景色だし、元の契約やその趣旨から考えると、感情含めてこう見えるだろうなぁと思う。また、アスクルを売上約4000億円ほどの企業にまで持ってきた功績が消えるわけではない。

その前提の上で、親子上場をソフトバンクG関連の各社がしているうえで業務資本提携をしたのもアスクル自身。また、今回のヤフーの議決権行使反対などを受けて、株価が上昇しているのも一側面。
ルールが正しいのかという議論は別であってもいいが、「今あるルール」のなかでヤフーもアスクルも戦うという状況の中では、一般株主にとってはヤフーのほうが企業価値を向上させると評価をしている現状は、岩田氏にはどう見えているのかが気になった。
それ含めて、上場をしたり、資本提携をしたりということ。

なお、下記でもコメントして、本記事を読んでいても思うことは、ソフトバンクGにとっては長期的には悪手だったのではないかということ。グループ各社の経営者も変わるし、1/3以上の資本関係がある状態では、株主総会の特別決議(定款変更)は賛成を得られないと通せなくなる。
その意味で、投資をされる側からの心理的障壁は一気に上がったと思う。

https://newspicks.com/news/4098117
ソフトバンクグループ(SBG)のような、多様な事業を傘下に抱える複合企業(コングロマリット)。
全事業が独立して業績のいい時は問題ないが、傘下企業の業績が悪くなった時の影響回避のために、別上場させて株の過半数を持たず、自身の連結対象から外す手法がある。

SBGの多層持株構造は、資本傘下や株式交換で「すでにあるものを傘下に入れる」方法が多かったと思うが、親からひ孫までの4層で上場会社の持株を行う構造は相当特殊。
100%子会社でない別上場子会社のガバナンスや経営方針。もし「ひ孫が大祖父や祖父の思い通り」になるなら他の一般株主への冒涜。

孫やひ孫を事業分割や事業譲渡で分解するのなら、一旦上場廃止して100%子会社にしてから行うのがスジだと思うが、多層の上場企業への持株構造がそれを困難にする。
社会に出た(上場している)ひ孫からすれば、「何で大祖父や祖父の言う事を100%聞かなきゃならないんだ。オレはもう独立した社会人だ」と思うでしょうね。

コングロマリットのガバナンスに一石を投じる出来事です。
大株主では無い社長と契約を交わしても、体制が変わると約束を反故にされてしまう事例。「倫理なきヤフー」というのはかなり激しい論調ですね。日本国内でさえ不信感になりますし、海外のベンチャーにこれをやってしまうとなおさら企業への不信感が募ることだと思います。
本件の初報が出た際に「これで喧嘩別れになったらヤフーは物流をどうするんだろう」とコメントしましたが、本質はやはり希少資源である物流網の取り合い。これまで育ててきたものを資本の論理で取り上げられるのか、という岩田社長の主張は感情的にはとても理解できますが、katoさんのコメント通り、「希少な物流資産」をどちらが経営した方が価値を最大化できるか、という議論がもっとあるべきで、感覚的にはヤフーが活用した方が価値は大きくなるように感じるものの、ヤフー側もそこの計画をしっかり出してないですし、アスクル側もその点に触れていないのに違和感があります。
ソフトバンク・ヤフー陣営の立ち振舞いも「いざとなれば資本の論理を振りかざす人である」と見られるため、今後の提携の推進にとってネガティブにはなりますね。もちろんそんなマイナスがあっても「やるべし」と意思決定したんでしょうが
PayPayモール構想があったのですか。2019年秋リリース予定とは。もうすぐだ。このベースが今話題のロハコ事業。

ヤフーというブランドをPayPayに刷新してビジネスを再構築しようという狙い。アリババのAlipayモデル、インドはOne97のPaytmモデルを日本で展開しようとしています。
今回の騒動は、やはりソフトバンクグループのグループ内親子上場による支配力が背景にあるようです。
40%くらいの持株比率で事実上一つの上場企業の命運を握ってしまうわけですから、そこには独立したガバナンスと共に倫理観がないと、上場子会社の株を持つ少数株主は安心して株は持てませんね。

今回の騒動で、個人的に一番関心があるのは、社員の気持ちがどこにあるか?です。
いくら資本の論理が正しくても、社員の気持ちまでは動かせません。
その辺りの事情を詳しく知りたいです。
要するに多層上場には無理矛盾があるという話なのだが、それを横に置けば、岩田さんに深く賛同。岩田さんは素晴らしい経営者。これからも岩田さんが経営してほしいと心から願う。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
アスクル株式会社(英語: ASKUL Corporation)は、東京都江東区に本社を置く事務用品を中心とするソフトバンクグループ系列の通信販売会社。 ウィキペディア
時価総額
1,625 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績