【小巻亜矢】改革はトイレから。効果絶大の「モチベーション革命」

2019/8/3
一時は経営危機に陥りかけたサンリオピューロランド(以下、ピューロランド)を、わずか2年で再建した小巻亜矢氏(サンリオピューロランド館長、株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長)。
施設の老朽化、プロらしからぬスタッフの接客態度、残念なフードメニューやグッズ展開……改革すべきことが山積みの状態で、小巻氏が真っ先に着手したのが「スタッフのモチベーションを引き上げること」だった。
インタビュー第2回では、スタッフの心と行動を変えた、小巻氏ならではの「働き方改革」に迫る。
小巻亜矢(こまき・あや)株式会社サンリオエンターテイメント代表取締役社長。サンリオピューロランド館長。1983年サンリオ入社。結婚退社、出産などを経てサンリオ関連会社に仕事復帰。2013年東京大学大学院修了。2016年サンリオピューロランド館長就任。2019年6月より現職。
スタッフの「やる気」を引き出す秘訣