新着Pick
527Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
会社に期待されることと、自分のやりたいことの狭間で思い悩むことは誰にでもあると思います。
双方をうまく融合することで、個人にも会社にも価値のある時間の使い方を自ら創るところが見習うべきポイントだと感じました。

また、以前セブンルールで小巻さんの特集を見たことがあります。キティちゃんに想いを託すというルールが印象的でした。色々な葛藤の中から見つかったご自身の想いは、キティちゃんの想いとしてお客さんに伝えられています。

キティちゃんの言葉
「誰だって暗い気持ちになることがある 光を見たくない時も 優しさと思いやりの心があれば どんな時も誰とでも 仲良く助け合って生きていける」
素敵な人だなぁ、美しくて優しいけど芯が強くて楽観的で。

決断を寝かせるというのは、私も、たまにやります。重めのテーマなことが多いです。

正解なんてない決断をするシチュエーションは、誰にでもあると思います。なので、決めの問題なんですが、正解のない決断ほど、決めることに価値があるというよりは、決めた後の自分の行動力・実行力によって成果が決まることが多い。

ならば、腹を決めて覚悟を決めて実行できるように、決断自体を寝かして熟成させて、やはり、と思ってから決めたほうがいいと個人的に思っているからです。
娘とともに多摩センターまで行ったのは2017年だったか。改革の只中だったとは知らず。
他のキャラクター(タレント)との企画をやっていて、混んでいたことを覚えています。目的のイベントは満員で入れませんでした...。
場所やキャラクターの制約が大きいですが、顧客満足のために従業員満足度を高める施策が効きそうな業界。キャリア意識を育てるプログラムとは相性がよさそうです。
なんてことを結果論で言うのは簡単だけれど、「どんより」を変える実際の変革は苦難の道だったに違いありません。
社長への手紙の内容が気になります。
優しさが会話の随所にあらわれていますね。どんな状況をも神から与えられたチャンスとしてポジティブに捉える姿勢が、変革パワーの源泉。
"「社長、大変です! ピューロランドは可能性に満ちています」"
わかる。わかりすぎるほどわかる。なぜこうしないんだろう?と思うことはたくさんあります。ピューロランド復活はこう言う社員の存在が1番の財産
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。