新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フローズン(砂糖水)+香料で風味を再現。果実フレーバーの清涼飲料水と似た原理ですね。
人工的に感じられるかもしれませんが、天然の果物も言って見れば水分と糖分と香気成分の混合物なので、実はそれほど変な話でもなく。

果実の香りは、香気の複雑な組み合わせによって得られていますが、単一成分でもそこそこ果物っぽさを表現可能です。例えば下記。工夫次第でいろんな果物が再現できて楽しそう。

果実に含まれる代表的な香気成分
(化学名は威圧感があるので可愛くしておきます)
🍎:酪酸エチル
🍍:酪酸メチル
🍈:酢酸エチル
🍓:フラネオール(2,5-dimethyl-4-hydroxy-2H-furan-3-one)
🍑:γ-ウンデカラクトン
🍋:シトラール
※混合物からなるより正確なフレーバーも勿論あります

なお果実の香気成分について詳しく知りたい方は長谷川香料(株)さんのページが勉強になります。
★香りのミニ知識 果物の香気成分の情報がたくさん
http://www.t-hasegawa.co.jp/knowledge/index03.html
ユズの中に含まれる最もユズらしい成分「6,8,10-ウンデカトリエン-3-オン」を見逃さずに同定して香料製品(ユズノン®️)に仕上げたり、分離しがちなオレンジフレーバーを均一・透明化して見せたり(ハセクリア®️)。見事な腕前。
VAQSOさんが匂いを発展させて味の感覚展開。

中村裕美さんの電気味覚で塩っぱさアップの提案もそうですが、
味覚、流行りつつありますね。

少しづつ感覚が増えていくことで、今回のようなクロスモーダルが実現できていきますね。


さておき、この"味のVR"コンテンツ、
アボカドを大トロにするも出来そうだなと思いましたよ
かき氷のシロップとまさに同じ原理ですね。

かき氷のシロップはどれも同じ味!? 色と香りで違う味と感じるだけだった!
https://tenki.jp/suppl/romisan/2018/08/05/28319.html


大昔のテレビ番組で、鰻屋さんの匂いをホースで鼻元に持っていくと白ごはんを何杯でも食べられる、という企画をしていたのを思い出します。
嗅覚の開発がメディア技術の大テーマになりそう。家畜人ヤプーのイースの香り文化や平安時代の香文化の再興。文字を持たぬネアンデルタール人やクロマニヨン人が洞窟の壁画で映像表現していたことを今スマホで誰もが映像表現・発信して再興したように。
「砂糖水と香りのカードリッジだけでジュースを再現できる可能性がある」
すごい!面白いですね。
ほんとにいちご味に感じるのかとか試してみたい。
いちご株式会社(英語: Ichigo Inc.)は、J-REITの運用を始めとした総合不動産サービス事業と、メガソーラー等のクリーンエネルギー事業を展開している企業。 ウィキペディア
時価総額
1,501 億円

業績