新着Pick

無印良品がアマゾンをズルいという理由

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ストーリーですね。一つ一つの商品にストーリーがある。」
「そう。我々は「意味」とか「わけ」とか言ったりしています。無印良品では、これらを最初から最後まで一貫してデザインしている。こんな会社はなかなかないのではないでしょうか」

→ 楠木さんの「ストーリーとしての競争戦略」という本を思い出しました。
https://www.amazon.co.jp/ストーリーとしての競争戦略-―優れた戦略の条件-Hitotsubashi-Business-Review/dp/4492532706
短期をデータで予想し、変化するスピードを維持するアプローチと、現在の(未来は変わる可能性大)コンピューティング能力ではシミュレーションできない長めの未来を想像して商品を設計するアプローチは矛盾はしない。

事業ごとに両方やればいい。
無印良品はD2Cや小売店舗のメディア化など今のトレンドワード的なことをそんな言葉が出る遥か前から実行していて流通構造の側面で学ぶ事が多い。
文中にある大規模資本小売のキャピタルシンキングに即した拡大至上主義に対する話は共感します。フィロソフィカルシンキングでも事業を考えながら大きくしていくことが今の時代は大切さを増してきている。
この会社の話は聞けば聞くほど深い。。。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
177 兆円

業績

株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,789 億円

業績