新着Pick
376Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この特集、芸能問題というよりも日本経済の問題として特集したいと、泉記者が最初の記事にコメントされていましたが、たしかにこうしてみると、雇用と賃金の問題に通じるところがあると思います。
いまある制度が、プロダクションサイドによる賃金高騰を抑制するために構築されたのだとしたらデフレ的。終身雇用によって賃金を抑えてきた論理と同じみえます。今は、非正規化して労働者が二極化、賃金水準は全体として伸び悩んでいますが、芸能界もエージェント化が進むとさらに二極化が進むのでしょうか。
芸能界を1つの業界と捉えると、日本でもっとも古いカテゴリーなのではないかと思えてきます。

普通の業界で「転職してはならない」「転職したら、次の会社で仕事ができないようにする」などがはびこれば、すぐに大問題になりバッシングを浴びるでしょう。

にもかかわらず芸能界では、独立や移籍しようとすると「洗脳疑惑」が報道され、タレントがおかしくなったかのように扱われます。

もちろんタレントに非があるケースもありますが、報道にはパターンがあるので、こうして歴史から学び、正しく情報を見極められうようになりたいものです。
少し前にTBSで藤原竜也主演の「新しい王様」というドラマがあり、ホリエモン氏、村上氏のテレビ局買収を題材にしていましたが、買う方の浅さもひどければ、買われるテレビ局の旧態依然も酷い、という内容でこの辺りまでは「皮肉で誇張はあるもののとてもリアルな描写なんだろうな」と感じる内容でしたが、もう一極としてホワイトナイト的にでてくる芸能事務所の酷さも強調されてました。テレビ局にからむ「酷さ」を語る上でそもそもこれだけの重きを置いていることや、ドラマのキャストを牛耳る稚拙な脅しなど、これも当たらずとも遠からずなんだな、と驚きましたが、ジャニーズ、吉本の一連の内容や本連載はその答え合わせのような内容でした
多くの一般企業とともに、芸能事務所もまた、一時代を築いたトップが第一線を退き、これからまさに代替わりを迎える企業が少なくない。新時代を担うトップの就任、経営体制の刷新を機に、今回の一件で浮き彫りになった様々な問題点が、少しでも改善に向かうことに期待。やはり「タレントファースト」が根幹の考えであってほしい
ここまで大手芸能事務所の力が肥大した最大の要因は地上波への出演をコントロール出来たことだけど、日本でも地上波の影響力が衰退の一途を辿っていくことで、米国型に自然と近づいていきそう。ジャニーズや吉本のように衰退に拍車をかける自爆行為も相次いでるし
芸能界の構造はもちろん問題ですが、事の発端は反社会勢力から報酬をもらっていたこと、その事実を隠していたことです。どんなに同情しようがその事実は消えません。隠すという事は「知らなかった。出来心だった」ではありません
すみません、だんだんつまんなくなっちゃったなあ、この特集。始まりはすごくおもしろかったのに。
やはり、当事者の登場か当事者への直接取材がないと、面白くないなあ、という感じ。
最後は第三者有識者様の抹香臭い訓話ですね。なるほど、お盆が近いからですね!
それでもタレントになりたいという若者は多い。
月給3万円でバイトでなんとか暮らしていても、つまらん仕事してるより夢があるからだろう。
その意味では、芸能界と一般の会社員を全く同一に考えるのはおかしい。しょせんヤクザな商売だから魅力があるともいえる。

一方で、事務所側が今のままでいいとは言えない。若者の夢につけこむにも限度がある。時代に合わせた改革が必要である。そのためには事務所だけでなく金を払う側のメディアも変わらないといけない?
商品ではなく、人としてのアーティスト、という本来の姿を尊重するコミュニティになってほしい。
こういう問題って芸能界に限らず、世の中に案外あるなと。狭い世界に生きないようにしたい。