新着Pick
341Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やっぱりちゃんとしてるんだなーという、むしろ好印象。特に芸人さんのギャラ配分のクダリなんか。そりゃそうですよね、そもそもネタにしてるぐらいですし、それでも「芸人」を続けてるわけですから、搾取みたいな話ではないんでしょう。

岡本社長って、ダウンタウンのマネジャーの頃からちょいちょいバラエティ番組に出ていたんですが、暴言・暴君・でもヘタレ、みたいなキャラ設定が実にナチュラルな感じだったので、ワタシも「暴言」には全く違和感無いです 笑
大﨑会長は「天皇」。岡本社長は天皇の指示に忠実に従って実行する「将軍」。タレントのトップであるダウンタウンが「神様」と社員の間では呼ばれているとのこと。この中の呼び名では「神様」がいちばんトップにありそうですが…。やはり大﨑体制の次を担えるような人材がほとんど育っていないことを、社員の方々も心配していることが分かります。他の多くの「普通の会社」と同様に、吉本興業にとっても後継者問題が今後の大きな経営課題になるのでしょう
すみません、これは面白いようであまり面白くないなあ。Newsicksらしくない、というか。

私も以前経験しましたが、お家騒動とか不祥事とかになると、定番が「社員たちの覆面座談会」って企画。

内部の人間からみると、会社を知らない社員が、伝聞や噂を語っているケースが多いものです。それに、社長や会長に、覆面座談会に登場するレベルの社員が接する機会は稀です。だから、短時間の相手の顔色や声音に、上司たちからの伝聞を加えて想像をたくましくする。そういう人たちは「ガキの使い」なんじゃないかなあ。

昔、朝までテレビ、だったかなんか、それに週刊誌で実名で登場した社員たちがいましたが、彼らの方がよっぽど潔い。だからこそ、経営陣も考えさせられるところが多かったんです。

そうだ、NewsPicksなんですから、吉本社員の実名座談会をやってください!!!
最終回に『ガキの使いじゃない本音スペシャル!笑ってはいけない、これが吉本だ』
実現してください!
この話題、やや食傷気味のところもありますが、内部の話は頭の整理になります。
ギャラの配分については、経費を差し引くと結果的に9:1と芸人には見えてしまうというのはそうなんだろうな、と思っていました。とはいえ、経費をどのように計上するのか、という論点はありそうです。
芸人のラジオ番組などでは、働き方改革でマネージャーさんの入れ替わりが激しくなったなどとのコメントも聞かれていますが、マネージャー業も大変そうなので、社員さんの働き方&給与も改革の視野に入ればよいな、と思います。
特殊な会社扱いされますが、この規模になれば会社はもう公器です。会長から社長へのバトンタッチがうまくいかず、社員や取引先からの求心力を失っていた、という事。珍しい話じゃない。マネジメント能力の問題
何を言っても良いけれど最終的に自分の発言には自分で責任を取れよってことね。そりゃそうだ。

『── 一部の所属タレントは、テレビやSNSで過激な発言をしていますね。
中村 実はそれについては、会社から正式に「この件に関して芸人は何を発言してもいい」と通達が出ています。つまり、タレントたちが批判するのは、会社としては「認めている」ということです。
ただし、各マネジャーは、彼らの意見を会社に報告するように言われています。SNSやテレビなどのオープンなものだけではなく、楽屋で何を言っていたかも、報告せよと。』
ギャラの割合に関しては、個々の会社と個人の取り決めなので外部が口を出すことではないと思っています。私がやっている格闘技では、マネジメントが20%が一般的で、多いと30%までは聞きます。それが嫌なのであれば、個人でやればいいだけで、僕はずっとそのスタイルでやっています。
めちゃくちゃシンプルに言うと、「笑い」の世界は常識的であったら成り立ちません。非常識だから面白い。

ボクシング選手に、殴るなんて非常識だから殴るなと言うみたいなもの。

非常識な世界に、常識を当てはめるとおかしなことになるという。

契約ひとつ取っても、契約の仕方によっては、
「芸術家にサラリーマンになれ」というようなものです。

そしてこの芸術家が6000人もいる会社を束ねる人は、ある種、動物園でムチを持つ人であってもおかしくないよねって話だと思ってます。

もちろん、「常識」で考えるとダメなので、
怒る人がいるのも理解はできます。
いい悪いはあるんだろうけど、この吉本を完全否定する人はクリエイティブの世界は一生理解できないと思います。
だからといってその人がダメではなく、むしろ真っ当だと思いますが。

メディアにも同じことが言えるけど、休日のこと、お給料のこと、働き方のこと、どれも大事だけどもそれよりも「いいものを作る」が先にこないとやっていけない。
どこも匿名で社員に語らせれば多かれ少なかれこの手の話は出てくるのでしょうけどね…

芸人とマネージャーって1(組)対1のイメージを勝手に持ってたのですが、トップクラスの芸人でもひとりで複数組担当したりするんですね。思いの外、組織的。
この連載について
お笑い帝国の吉本興業が揺れている。「闇営業」をきっかけに、経営陣と芸人の対立や、ガバナンス問題に飛び火。着地点は、未だ見えない。騒動の本質はどこにあるのか。歴史や数字をベースに、「吉本興業」を研究する。
吉本興業株式会社(よしもとこうぎょう、英語: Yoshimoto Kogyo Co., Ltd.)は、大阪府大阪市中央区(登記上の本店)と東京都新宿区に本社 を置く、マネジメント、プロモーター、テレビ・ラジオ番組製作、演芸の興行等をグループで行う吉本興業グループの持株会社。通称「吉本」、「よしもと」。 ウィキペディア

業績