新着Pick
118Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
永ちゃんが居た伝説のロックバンド「キャロル」は、1975年に日比谷・野音で解散コンサートを行っているんですが、エンディングで「CAROL」というステージ上の大看板が燃え尽きて、崩れ落ちていく。ビデオ・DVDでも見ても、とても印象的なシーンで「燃えつきるキャロル」なんてタイトルにもなってるんですが、これがなんと演出ではなく、電飾トラブルだったという 笑

しかし、アーティストの方って、もしかすると「新しい人に聴いてもらおう」とする努力って、結構難しいのかもしれないですね。今、聴いてないヒトの「耳」を向けるわけですから、新しいことをしないといけない。そうなると古いファンの期待からちょっとスコープをズラすことになる。

最近はもう居ないでしょうけど、永ちゃんファンの中には「永ちゃん、変わったなー」って声は結構あったんですよね。丸くなっちゃった、とか。「成りあがり」のトンがった頃が良かったとか。でも、そういう声に流されないで、勇気を持って新しいことにチャレンジして、で結果的にはいつまでも存在感を保ち続け、且つ輝きを増している。

結局、止まらないで、攻め続けているからこそ「矢沢永吉」であり続けているんじゃないかなーと思います。
レジェンドに対して一言一句一つも口を挟みたくないんですが一つだけ。CDが売れているのは高齢者なのでは?と思います。若者ならyoutubeでも見れるしspotifyでも聴ける。再認知だけではCDを買う動機としては弱いですよね。と、なると往年のファン以外で当時YAZAWAを聞かなかった層では?
矢沢さんは、息子さんがちょうど高校の同級生だったため、卒業式に来ていた姿を間近ですれ違ったことがあります。当時は、優しそうなお父さんという印象しかなかったのですが、70歳になっても第一線に立ち続ける姿を見て、圧巻されました。古いファンを大切にしながら、新しい世代にも愛される存在、それがアーティスト冥利につきるという考えも、よくわかる気がします。
【第4話】CDが売れない時代に、矢沢永吉さんが6年前に出したベストアルバムが売れ続けている。その理由とは?
フェスで若手の心を掴む。
フェスはアーティストとの新たな出会いの場。大御所が出張るのもいい。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。