新着Pick
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
邦銀の決算は、2Q、4Qが勝負です。1Qは年間収益への影響が最も軽いので、利益水準よりも、まずは、債券運用などでヘタを打っていないことを確認することが主な注目点です。

もちろんその意味でも、記事で高宮さんや西原さんが指摘している通り、順調な滑り出しと言えそうです。
フェアディスクロージャーの徹底の下、決算プレビュー取材が難しい中ですから、客観的マクロデータに基づくアナリスト予想ということになります。

米金利が低下してますから、米債評価益改善により適度な実現益確保により決算は組みやすくなっているとは思いますが、国内預貸収益は依然厳しいと思います。

一方で、金利低下で米銀が苦しむ中、(預金でなく)市場調達に依存している邦銀の海外収益は、(調達金利低下の先行により)短期的には改善が見込まれます。
決算については、大槻さん、野崎さんが的確なコメントが。直近で大手行が三ヶ月ぶり株価高値をとるなどしていたので納得です。
私的に気になったのは、下記の部分です。米債プレッシャーはなくなっても、国内が‥。メガはましでも限界すれすれまで下落していた地銀株が再び安値更新ラッシュが目立ちます。
> 銀行業界では、日銀によるマイナス金利の深掘り実施の可能性に対して警戒感を強めている
メガの序列は収益性の高い海外業務の比率、金額の順位とも読めると思います。
今後は効率化を軸にコスト削減も大きくボトムラインを改善させる要素となってくると思います。