新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
納車は過去最高と7月頭に発表があり株価が上がっていた(①)。
比較的売上が近い昨年3Qに比べると利益が出ていない。Model 3の構成比が増えて、台数は過去最高でも利益が出にくい状態なのだと思う(Model 3:5.6万台→7.3万台、Model X/S 2.8万台→1.5万台)。前四半期にサプライチェーンが伸びて在庫が大きく増加していたのはQoQで減少。ただまだ営業CFレベルでマイナス。
他のトピックとしては、中国工場は年末までに生産開始予定、あと15年勤務しCTOのストローベル氏がCTOから退任(ただ他社に移籍するわけではなく、②を見ると「"I'm not going anywhere," Straubel said in the call, adding he'll remain close to Drew Baglino, vice president of technology, slated to take over his duties. 」とある。
https://newspicks.com/news/4022800
https://on.mktw.net/2SAlO6h

以下財務のキー数値の推移。

<財務>
売上63.5億ドル(1Q45.4億ドル、4Q72.2億、3Q68.2億、2Q40.0億、1Q34.1億、以下同)
粗利9.2億ドル(5.7億ドル、14.4億、15.2億、6.2億、4.6億)
営業利益-1.7億ドル(-5.2億、4.1億、4.2億、-6.2億、-6.0億)
金利負担:1.7億ドル(1.6億、1.8億、1.8億、1.6億、1.5億)

現預金:49.5億ドル(2019/3末22.0億、2018/12末36.9億、2017/12末33.7億)
在庫:33.8億ドル(2019/3末38.4億、2018/12末31.1億、2017/12末22.6億)

営業CF:-3.9億ドル(1Q-6.7億、4Q12.4億、3Q13.9億、2Q-1.3億、1Q-4.0億)
投資CF:-2.4億ドル(-3.1億、-3.7億、-5.6億、-6.8億、-7.3億)

リリース:http://bit.ly/2LE9FN6
販売増加なのに収益は赤字。理由は廉価なモデル3の台数が伸びたから。

テスラのクルマはEVであること以外に色々新しい機能もあるが、いかんせんクルマの品質が良くない。
既存メーカーも収益の多くを高額モデルに依存しているが、他社からもEVが続々と登場する中で、あえてテスラを買う理由はなくなる。
これからが正念場です。
モデルSの販売縮小と共にモデル3の販売拡大。

より安価(利益率が低い)モデルへスイッチしてるわけですから、利益を押し下げていくのは当然ですね。
この1ヶ月の株価上昇分をほぼ失った。
まあ上昇してた方がおかしいけどね。株式市場は短期的には間違うからね。
数字見ないとわからない人も多いんのでしょう。
テスラのQ2決算。数値は市場予想より弱めということで株価は引け後に▲11%下げて$235.70あたりにあるようです。
 Q1と比べてだいぶ生産と販売が順調に回り始めたと思いますが、記事にもあるように粗利率の低下は気になるところ。次には上海工場の立ち上げを控えており、これを首尾よく渡りきれるのかどうか株主が少し神経質になるのはよくわかる気がします。
この決算を受けてテスラ株は時間外で10%以上下落。