新着Pick
513Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2015年の呉氏退任時のコメントと対比するとより本音が漏れ出てる。

https://www.sankei.com/smp/west/news/151022/wst1510220027-s.html
『永守氏は「やめた人のことを、とやかくいってはいけない」とした上で、「一般的に、業績が良ければ地位、給料が上がる。そういう人がやめることはない」と述べた。同社では実力主義を徹底しているといい、「うちの会社はシンプル。実績が上がれば上がる。上がってない人を上にあげるようなことはない。年功序列であがる会社ではない」と強調した。

 呉氏に対しては「次の世界で立派にやっていただきたい。喧嘩別れではない。新しい世界で成功してもらいたい」とエールを送った。』

今回。
『ところがうちを辞めたの(呉文精氏)が(ルネサスに)行っちゃってね。あの人は会社潰すな、と思ってたら案の定ああなった。
彼が優秀だったら、うちの社長になってますよ。そうでしょう。そんな人をなぜ辞めさせるの。』
昨日行われた電産の決算会見。永守会長に聞きたかったのは①なぜ吉本社長がいないのか②以前買収しようとしていた、半導体大手ルネサスの社長交代をどう見ているか。直接、疑問をぶつけてきました。

6月に連載した「日本電産、賭けに出る」特集とともに読んで頂くと、さらに理解が深まるかもしれません。カリスマの代替わりの難しさを、ひしひしと感じています。
https://newspicks.com/book/1395
自分(社長)が日本を不在のときに、会長がメディアへのこんなインタビューしていたら、雇われの社長は萎えます。私が雇われなら長く持たないです笑笑。

---
> 「裏を返せば、吉本社長への権限委譲が、思った通りには進んでいないということだ。
生産工場への投資について尋ねられた際も、永守会長は日本電産ならではのスピード感をアピールしつつも、それを社長に引き継ぐ難しさをにじませた。

【永守】うちは決断は早いですよ。3秒ですから。1000億円(の投資を決めるの)に、3秒。100億円だったら0.5秒。他の会社なら、取締役会議を何回もやって、決まらない。そんな会社じゃありませんから、うちは。

吉本(が社長)になって、その傾向が出てきたので、もう一回(自分が)出てきた。はっはっは。」
昨日の決算Pickは下記。昨年3Qに下方修正してから、売上減少の割に原価が下がっておらず販管費も増加傾向で結果として利益率が低位で推移していて、また日本電産として買収では初めて大規模な損失を出した(独禁法対応で早期での売却が迫られていた、とはいえ…)。
吉本氏が会見に出ていなかったこと、「半分社長に戻っている」という中途半端さも、どちらもあまり良い印象はない。
セコップの売却については、欧州委員会が売却先まで介入してきた、これから5年間投資しろといっていた金額を負担しろと言われたなど冒頭に文句たらたら。それで時間を失いたくない、ビジネスを選ぶしかないというので、200億円をドブにすてる、言い値に従った、裁定なかりせば100億円の売却で利益は出ていたという言及だった。ただ、普段と比べてとても歯切れが悪い。
業績全般については大底形成をしたという言及があったなかで、今後どう推移していくか。売上が伸びなくても利益を伸ばす方法があると強調。WPRがいまいち上手く機能していない、ようなニュアンスに感じ、そこらへんも戻ってきた背景か。
https://newspicks.com/news/4083065
https://www.nidec.com/ja-JP/ir/voice/
日本電産、ソフトバンク、ファーストリテイリング。それぞれ一度は後継者に道を譲ろうとしたものの、再びトップに復帰している。記事でも触れられているが、偉大なカリスマの代替わりの難しさをあらためて感じる
「うちは決断は早いですよ。3秒ですから。1000億円(の投資を決めるの)に、3秒。100億円だったら0.5秒。他の会社なら、取締役会議を何回もやって、決まらない。そんな会社じゃありませんから、うちは。」

スピード感は大事ですね。
3秒は誇張した表現だとしても、ガバナンスや株主責任という観点からは気になります。外国人株主も3割を超えています。
また、金融機関などの規制業種に場合は当局の意向を確認する必要なので業界によっては3秒で頭の中では決まっても組織決定は難しいですね。

恐らく意思決定が早いことをアピールして優良案件の持ち込みを期待している部分もあるのでしょうか。
日本電産=永守さん、ソフトバンク=孫さん、ファーストリテイリング=柳生さん、それぞれ後継者問題には苦しんでいる・苦しんできた印象。 同じ期待値で同じパフォーマンスでの経営を引き継ぐことは難しいはずで、いきなりすべてを権限移譲するのではなくて、会長の担当領域と社長の担当領域をわけてスプリットしていくのが自然な流れかと思います(ソフトバンクの孫さんと宮内さんのように)。 そういう意味でいうと、日本電産も大型の買収と既存の事業の立て直し・成長で分けていく形なんでしょうか。 楽天でも深く考えたことありますが、カリスマ創業社長の後継問題は、そんなに簡単な問題ではないと実感。
永守さんのようなカリスマ創業経営者のトップ後継問題の難しさがあらためて浮き彫りになった会見でしたが、なにより、岡ゆづはさんのツッコミがイイ質問ですね~。

カリスマ創業経営者のトップ後継というのは、ほぼ例外なくうまく行きません。孫さん、柳井さんの例を挙げるまでもなく、過去を遡れば松下幸之助さんも本田宗一郎さんもそうでした。

理由はいたって簡単です。だって、カリスマ創業経営者って、そもそも「譲る」気なんてさらさらないんですから。
面白いインタビューです。
永守さん、「ルネサスは、1兆円かけて外国の会社買って。1株1円でも高い。あと1兆円くらいお金付けてもらわないとね。」
「うちは決断は早い、1000億円の投資を決めるのに、3秒。100億円だったら0.5秒。他の会社なら、取締役会議を何回もやって、決まらない。」
さすがですが、その後を出来る人はそういません、
興味深い決算会見でした。
カリスマ経営者の良い面悪い面が了解分かりやすくあらわれていると感じました。
実際永守会長が介入した方が業績は良くなると思いますが、吉本社長が自分らしいやり方を模索し確立する十分な時間がないだろうことと、お気持ちを考えると、長い目で良い判断なのかは少し疑問に感じました。
しかし、そんなガヤの懸念は遥かに超越した、お二人と信頼関係とお互いをリスペクトしながらの役割分担なのだろうとも思いますので、これからどうなるか楽しみです。
この連載について
世界で起きている経済・企業・テクノロジーについて、鮮度の高いニュースを、NewsPicks編集部が独自に「ヒト」「モノ」「カネ」の3つの視点で独自に分析。速報では得ることが出来ない知見を、タイムリーに提供していきます。
日本電産株式会社(にほんでんさん、英語: Nidec Corporation)は、京都府に本社を置く日本の電気機器製造会社。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績