新着Pick
313Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
余剰生産能力の縮小も待ったなしのようですね。流れはカンタンには止められませんが、ここを耐えて開発力が実を結ぶ時間を稼がねばなりませんね。
追補。
本日の三菱自動車工業の会見で、同社のグプタ アシュワニCOOは、「アライアンスについて影響はない。水島工場で軽自動車を作っている。ハイトワゴンも出す。色んなパフォーマンスを発揮している。三菱としては日産とルノーについて何も情報は入っていない」と語りました。
https://mag-x.jp/2019/07/24/12020/
自己満足になるから、前年と比較しても意味がない。by カルロス・ゴン

同業他社と比較し、また、自社が立てた計画と比較し、自社の相対的位置を判定するべきだろう。

資金繰りは、加速度的に厳しくなる。

無いものはないと開き直り、リバイバル・プラン No.2をやるしかない。

開発・生産・物流の本業に注力し、不急な仕事は即刻止め、不要な資産は売れ!

一万人のリストラをするなら、役員報酬をまず、10分の1にし、社外役員も含め、完全成功報酬型にせよ。

こうした厳しい緊急措置を断行する時に、鬼軍曹になれる人がいるかどうか?
結局のところ、新型車開発をせずにどこに注力して、どう言う形を期待していたのか、そして何に失敗したのかがわからない。

新型車開発はしない方針なんですから、そこは想定済みでしょうに。

『米国では販売数量押し上げのために依存してきた値引きからの脱却を図っている。4~6月期は日産から販売代理店に支払う奨励金を減らし、新車価格を引き上げようとした。だが、日産はモデルチェンジから年数がたった「高齢」の車種が多く、値上げも重なって魅力が落ちてしまった。』
明日が決算発表、そのなかでこの観測報道にどれだけ意味があるのか…一応会社としては「当社が発表したものではないが、概ねこういう数値」リリースが出ている(①)。
関連するところでは、最近だとメルカリやアスクルの話がある。東証の注意喚起はこれら2社には出たが、同様に観測報道があった(そしてほぼその通りの数値だった)キヤノンには出ていない(②)。

http://bit.ly/2Sy8jnH
https://newspicks.com/news/4066830
検察まで動員してゴーン氏を刺してawayさせて、結局、reputation を毀損して、業績まで悪くなったら、来年は何が残るんだろう?
昨晩世界で1万人削減を計画していると伝えられていた日産。
日経新聞によると「2019年4~6月期の連結営業利益は前年同期(1091億円)比で約9割落ち込み、数十億円規模にとどまったよう」とのこと。
https://newspicks.com/news/4080562

明日、19年4~6月期連結決算を発表する予定です。
自動車産業は大胆な発想を持つ技術者と先を見通す洞察力ある幹部と決断力のあるリーダーを擁する企業が勝つ。その時期に日産は新型車の開発に消極的だし1万人を削減とは。どうした日産!
ゴーン改革は何だったのか。
日産はこれからどこへ行くか。企業ガバナンスはきちんとしなく、クーデターのような手段ではないと、ゴーンの跋扈を許す。
ほんとうに日産を心配している。
いまが膿の出し時ですね。過去を振り返り、未来に進む、必要な打ち手が打たれていくことを望みます。
ゴーンカムバック!
今の経営陣の責任は重大ですね。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.99 兆円

業績