新着Pick

吉野家「超特盛」ヒットを生んだ陰の主役とは

東洋経済オンライン
牛丼チェーン「吉野家」などを運営する吉野家ホールディングスの業績が復調してきた。同社が7月9日に発表した2019年度の第1四半期(2019年3~5月期)決算によると、売上高は前年同期比6.0%増の527億円、前年同期に…
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「伊東氏は商品のネーミングにもこだわる。例えば、夏の定番商品である「牛皿麦とろ御膳」は、昨年までは「麦とろ牛皿御膳」の名前で販売していた。「牛皿」を前に持ってきて強調することで、コアなファンに訴求することを狙っている。」
麦とろ牛皿御膳と牛皿麦とろ御膳。
確かに全然違いますね。
俳句もなのですが、語順を変えるだけで全く印象も違うもの。ポイントは最も伝えたいものが何かを明確にすることだと思います。
値段も引き上げて、売上もアップするとなると語順、とても大事ですね。
自分として検証していませんが、レイアウト刷新効果もあるのかと想像します。女性客が増えたような。
 吉野家は最低限の資本コストを満たす経営を続けて欲しいです。やはりあのクオリティとコスパの良さには頭がさがるので。
すごい正面突破

新たに2サイズを投入し、苦しい経営環境の正面突破を試みた吉野家ホールディングス。この背景には、マーケティング戦略の変革がある。
自分の大学時代に欲しかった!笑笑

業績