新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆さんは「クールジャパン」と聞くと、何を思い浮かべますか?

アニメ、和食、伝統文化・・・人によって、さまざまだと思います。中には「クールジャパン」というネーミングはどうなのか?と思う方もいるでしょう。

今回は、私が昨年10月にクールジャパン戦略担当大臣に就任して以来、何を感じ、考え、そして、どのように新しい戦略の策定を進めて来たか、をご紹介します。
いろんな国で書を書いていると
日本に興味を持ってくれる人がたくさんいる。
私の国にも来て書いて欲しいとも言ってくれる人もいる。
ヨーロッパで書いているとアジアの人々は仲間のように寄ってくる。
しかし、日本の良さに対して日本人が興味を持ってくれるようなきっかけが少ない。
外よりも先ずは中の私達がもっと日本について知るきっかけが必要。

海外に伝えるならば
伝える人達を育てる所から

2020に向けて
誰もが伝えられる
日常の文化に
日々の営みに
日本がある。

そんな気づきを醸成することが一人一人ができる大切な事なように思える。
ぼくが関わる国際オタクイベント協会のことや音楽メタデータ整備のことも紹介いただいている。平井大臣のスゴいのは、こうした施策をみなハンズオンで作り、実践し、こうして自分の言葉で発信していること。政官民がいい関係で進めばパワフルです。
外国人らしい指摘でもあり広げる大きなヒントになりますね「日本人が語るストーリーが…語彙も不足」「マニュアル化できるおもてなしの先にある心遣い」「日本の企業文化が多様性を認めることの妨げ」