新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グレーゾーン金利を問題にして、消費者金融を弱体化させ、銀行傘下に再編成。その上で上限金利撤廃。まるで銀行を利するためにシナリオが書かれているかのような印象を受けますね。
そもそも、こういったところでしか資金調達できない企業は継続可能な状態じゃない。早く整理できるようにすることが本質。もしくは、継続可能なのにこういうところで借りてるなら、そこに真っ当な金利で貸せるようにする仕組み作りが本質。
『法改正に関する議論を通じて最も懸念されたのは、法律で利息を制限しても、資金繰りに苦しむ債務者を助けることはできず、結局は非合法の金融業者(ヤミ金)に流れてしまう状況である。ヤミ金業者の実態は明らかではないが、利息の引き下げ後、一般的な消費者金融からはお金を借りられなくなった一部の債務者がヤミ金に流れた可能性は高い。』
先般の貸金業規制法の緩和論議は、上限金利上げと一体だったのね。
資金需要の観点では、確かに中堅から零細企業が景気回復期に黒字倒産するリスクがある。この時期を捉えて、ファクター会社は回収保証の保証残高を増やそうと営業に必死なほどです。
信用力が乏しく、保証協会もすでに利用している企業が当座の運転資金を賄えるように制度を緩和するのは、分からないではない。
ただ、その資金の出し手を、出来上がった消費者金融ではなく、片目つむって出す人たちを増やそうとしているように見えて、違和感をかんじる。
長くなりましたが…
加藤さんの言うように、消費者金融等でしかお金を借りれない企業なら、早く整理した方が良い。都銀、地銀、信用金庫など十分な数の融資機関があるのだから、そこが貸せない会社に無理やり貸すのは良くない。