新着Pick
478Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事内容に同感です。唯一の答えがあって、スッキリしないと前に進めない、だと今の環境下ではなかなか勝ち筋が見つけられません。

唯一の絶対解は無いと割り切り、問いを持ち考え続け、曖昧力(曖昧な環境でも試行錯誤しながら前に進める力)を発揮する事が重要だと思います。

-----
──疑問を持ち、答えのない状態に、社員は納得できるのでしょうか? やはり答えのない状態が続くことに不安が残るのではと思いますが?

安藤 その人の中に残っている問いは、世の中や自分の心の動きを察知するアンテナの代わりになります。そのアンテナが立っている状態のほうが、一時の答えを得るよりも大事なことではないでしょうか。

答えを出して、問題解決ができたと思考を止めてしまうことのほうが、今の時代はリスキーです。

完全な答えなどないことを理解して、常に問いを立てて、アンテナが立っている状態を作り出すのです。アンテナを立たせることで、次の興味関心に移り、視野を広げることもできます。
「モヤモヤは原動力になる」
まさにそのとおりで、いい記事でした。

一方、「良質な」問いを生み出さなければいけないと考えてしまわないように気をつけないと行けないと思います。問いは何でも良いのです。

NPでもよくとりあえげられるような気がしますが、日本人は「そんな馬鹿な質問しやがって」と周りから思われるのを恐れて講義・会議中は黙って後でこっそり議論をする傾向があると指摘されます。海外では逆で、どんな質問でもしたもの勝ちで発言しないと「いなかった人」扱いされることも。とにかく質問・発言しまくります。

1つの至宝の問いを生み出そうとすると大変で、「100の問いを生み出し、その中に1つでもキラリと光るものがあれば儲けもの」と考えたほうがうまくいきます。

そして、これって広告代理店のコピーライターの方がよく使われる手法です。
知識があるだけでは不十分。

たとえば、有識者会議から本当に価値ある提言が出にくいのは、自分たちの知識の範囲内でしか議論しないから。つまり、過去の知識という枠にとらわれるからです。

知識があることに満足しないで、常に疑問を持ち、探求し続けることが大切。そうすれば、思考力、想像力、そして創造力が磨かれます。

頭を上手に使い続けると、可能性がさらに大きくなり、人生も楽しくなりますよ。
セミナーなどを聴講するときは。話の趣旨を自分で仮説を立てて聴くことがが大切という示唆。最近の聴講者は全部答えを教えてもらえると思って参加している人が多い。

話の内容をヒントにして自分の課題を解決するというプロセスをもっと磨いてほしいと思いながらこの記事を読みました。
複雑なものを複雑に扱う耐久性。ロジカルに答えるのは簡単に思えるけど、実は、その過程で排除してしまっているものがある。
昨日のある議論の場で気づいたのだけど、あいまいさを包摂することで、常に対話し、関係性を築いていくことが面倒でも大切な姿勢ではないかな。
不確実な時代に求められている思考のパターンですね「小さなアンサーを発見し続け、アンテナを立てているから、次のクエスチョンが生まれ、それがまた次のアンサーにつながる、という好循環が生まれます」
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。