新着Pick
1475Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者(と財務経理担当部門)には、めっちゃ響くサービス。
先日も「カラーコピー高いからやめてね。コピーも最低限にね❤️」と言ったばかりでした。笑

コピー1枚の価格、私は把握してますが、悩ましいのは、再生紙より普通紙の方が安い。だから、エコなのは再生紙だけど、普通紙を使っちゃう。
究極、エコなのはやっぱりコピーしないこと。

このサービス、素敵だけどコスト削減に加えてSDGs観点もオプションで入ると良いかも。コストに加えてSDGsも可視化。
コンサルティングファームでよくあるプロジェクトテーマの1つがコストカットです。
プロジェクトの費用対効果が見えやすく、売りやすいからです。
中でも、CEOの大平さんご出身のATカーニーは、コストカット系のプロジェクトが得意なことで有名なコンサルティングファームです。
(ラクスル創業者の松本さんもATカーニーご出身で、間接費削減のプロジェクトでビジネスの構想を思いついたと聞いたことがあります)

一方で、コストカットは定型化しやすいテーマでもあるので、本来人力でやっていた部分をSaaSで置き換えられる余地は大いにあると思います。

また、その先に考えられているリードジェネレーションのマーケットは、古くからある領域ですが、最近ではBoxil(https://boxil.jp)等、スタートアップも出てきている注目のマーケットです。
普通に考えれば分かる事ですが、200兆円とは日本のGDPの1/3です。
ここではなぜか特殊な使われ方をしている 間接費 とは一般的にも、会計用語的にも、原価制費用以外の全ての費用を指します。広告宣伝や人件費含む販売管理費や役員報酬など全てです。
「会社のコピー機は1枚いくらで印刷されていますか?」と聞かれてどきっとしました。正直なところ、会社の電気代や文房具代といった間接費にどれくらいお金が使われているか、注意を払っていませんでした。

間接費って、小さいしあまり本業と関係ない気がするし、、、と最初は思っていたのですが、「なぜインパクトがあるのか」という創業者の大平さんの説明はロジカルで納得感がありました。

創業経緯に少し聞き覚えがあると思いきや、以前NPで取り上げたラクスルの松本さんもATカーニー出身で大平さんの先輩。コスト削減の業務でインスピレーションを得た点が共通していて、今もよくディスカッションしているそうです。
PR広告記事ですかね?今さら珍しくもない極めてオーソドックスな間接材コスト削減のサービスで、分析テンプレートと比較対象となるデータが数社分あれば比較的参入が容易で仕入先との相見積りとネゴの世界です。20年以上Aribaが業界のリーダーですし、確かにリーマンショックの時にはATKはこればっかり売っていたと記憶してます。
参入する時には各社が毎回20兆円産業を謳ってやり始めるのでリーマンから10年経ったのでまた始まった感ですけどね。
日本国内の間接費のマーケットは、少なく見積もっても200兆円ほどあるとの事。情報の非対称性により形成された価格がテクノロジーによって最適化される余地はまだまだありますね。
興味深いサービスだと思います。
200兆円に及ぶ間接費(電気代、コピー代など)の10分の1にコスト削減余地ありということで、このニッチ的コンサルに特化したモデル。

りそなに2兆円近くの公的資金が投入された後に、社外取締役で花王出身の渡辺正太郎さんが「銀行は1円単位のコスト管理をしていない」という指摘をされたのを記憶しています。
これを機に、サプライヤーとの関係を抜本的に見直した点は、本稿のヒントとも共通する部分です。
中山さんがコメントされているように、ATKはコスト削減に強いコンサルとして有名で、ラクスル松本さんもその経験からの創業だったと記憶している。
そして、大手コンサルだとそのフィーゆえに相手も大手企業に限られてしまうのを、テクノロジーだったり課金モデルを変えることで、本来的にはその方法論が大手企業以外でも適用できるところに市場を広げていくのは合理的。
大手企業以外の方が市場が広いし、中小企業向けの方が市場が分散していて安定的だったり、利ザヤも高かったりする(自社でシステム投資をするには規模が小さいから、特にユーザー数でコストを薄めるSaaS型ビジネスモデルにとっては実は極めて良いマーケット)。そうなると、そこから大手企業側にも入っていくパターンもある。
とても興味深い内容です。ただ、B2Bの世界は既に物売りは終わっていて、いかにしてサービスで付加価値を与えるかに各社注力しています。定価100万円の商品を50万円で売る会社よりも、80万円で売る代わりに何か有った時にエンジニアがすぐに駆けつける方が支持されるケースはザラにあります。価格だけで良し悪しを決められない傾向が強いのがB2B、そういった価格以外の指標をどれだけ盛り込めるかが重要かと思われます。
コスト削減SaaSのリーナー。A.T. カーニー時代からご一緒していた大平さんと、創業前から議論していますが、リーナーがやりたいことは大きく3つだと認識してます。

1. 企業を筋肉質化したい(リーンにしたい)
日々どうやってトップラインを伸ばしていくかを検討している企業様が多いかと思い中でリーナーは、あらゆる企業の味方として、クライアントの方々が継続的に・効率的に事業を継続していただくために現状抱えている"ムダ"を省きたい。まさに筋トレのような形で、普段の生活をしていることによって身についたぜい肉をとる、ということを支援したいと考えられてます

2. そのための必要なコスト削減が誰でも簡単にできるようにしたい
その筋肉質化に向けて、必要だと考えているのが必要のないコストの削減です。しかし、このコスト削減のやり方は非常に煩雑です。そのために従来コンサルティングの会社に依頼し、例えば3000万円で依頼して1億円コストが削減されるのであれば、ROI的に非常に良い、というような形で行われてきました。ただし、この額のコンサルティングを発注できる会社は一定数規模がある企業に限られています。
上記の状況を解決するために、もっと安価で、もっと簡単にコスト削減ができ、誰でもコスト削減が実現できるような世界を作ろうとしているのがリーナーではないでしょうか。

3. テクノロジーを使って効率的に・継続的に実施したい
それを実現するために必要なのがSaaS的アプローチとなります。コンサルティングでプロジェクトを実施した際の問題点としてあるのが、一時的に費用が下がるが一定期間経つとまた費用が増大化する、という実態です。こちらを改善するためには、日々の発注の可視化や定期的な診断が必要となってくるでしょう。これはまさにSaaS領域が得意な部分で、今までエクセルベースでワンショットでやっていたコスト削減をシステムベースで継続的にトラックする、ということを実現してくれると信じています。

ということでリーナーに大きく期待!