新着Pick
928Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内のスリープテック市場は、現時点ではNeurospace社やO:社のように、睡眠状態の可視化やアドバイスをTo B/Eの福利厚生ポケットを狙ったサービスが中心です。

投資先のエアウィーヴとCRAZY社の取り組みも記事の中で取り上げていただきました。
エアウィーヴは寝具に加え睡眠計測アプリも提供しておりますが、この計測アプリを使ってCRAZY社の従業員の睡眠時間を計り、よく寝ている社員にポイントを付与するという、”睡眠報酬制度”の試みです。
5ヶ月の運用期間で平均睡眠時間が30分伸びたとのことです。
https://www.google.co.jp/amp/s/ascii.jp/elem/000/001/827/1827992/amp/

どの社の試みも、睡眠状況を可視化し、それを元に良い睡眠となるよう心がける、というシンプルなアプローチですが、それだけでもかなりの効果が見込めるようです。
サイエンスの視点で切ると、スリープテックは美容商品と似ているな、と感じます。

示されるエビデンスが非常にソフトで、統計学的な検討が十分されていないにも関わらず、その「エビデンス」を用いてなんとなく科学的に消費者を誘導し納得させる傾向。それが人々に常識のように捉えられて、人から人へと語られていく傾向。これらは美容商品にもスリープテックにも共通した特徴です。

他の健康問題への介入に比較して「副作用」の少ない介入ですから、エビデンスの誤用を罰する必要性は少ないのかもしれませんが、多くの方に問題意識があるにもかかわらず、その検証が十分でない領域であることは認識しておく必要があるでしょう。

特に「健康」への効用をうたっていたとしたら、医師としては非常に強い違和感を持ちます。「極上のスマート」を求める方は、懐疑的な目で物を見る必要があるかもしれません。
第2回目は企業現場での睡眠改善
ANAホールディングス社の時差ボケ調整アプリこれは多くの世界で活躍するビジネスパーソンに革命を与えそうです。
また、2つ目の事例では僭越ながらニューロスペースのシフト勤務で働く企業様の取り組みとしてその代表格である吉野家様の事例をご紹介頂いております。まさに吉野家さんは睡眠プログラムを最初に導入を頂き市場を切り開いて頂いたパートナー企業です。

3つ目の事例としては、当社と同じくベンチャー企業のオー社のアプリを使った睡眠改善の事例、そして4つ目はエアーウェーブ社のアプリを使ってスタートした睡眠報酬という概念に取り組むCRAZY社の事例。
そして今回は紹介されていませんが、大企業の取り組みだと帝人社、ドコモ・ヘルスケア社など、医療分野だとサスメド社、筑波大学のスイミン社などが取り組まれてらっしゃいます。

いずれにおいても、スリープテック市場を一緒に成長させていく方々です。特に企業現場での睡眠改善領域においては政府の健康経営・働き方改革の流れの中で非常にこれから注目される領域であり、これまで睡眠薬やCPAPそして寝具などで解決してきた領域に、より根本的な新たなセルフケアソリューションが実現できる基礎が構築されてきております。

睡眠は病気になる前に正しく把握して自分または会社と一緒に協力し改善できれば、その先には睡眠を楽しめる社会が待っています。

我々も全力で取り組んで参ります!
ANAのアプリなら、スリープテクノロジーベースのアプリに、ANA従業員が長年のカンと経験でどのような工夫をしてきたかという具体的アクションに落とせるTIPSを口コミ形式で盛り込んで欲しい。
これこそ、「カンと経験」を否定するテクノロジーではなく、「カンと経験とテクノロジーを高度に融合する」ものだと思うので。

訪日外国人旅行者(インバウンド)向けベンチャーなんてやっていると必然的に海外出張が多くなるので、時差はツライ。
日本からだと、辛さナンバーワンは、アメリカ東海岸(代表都市はニューヨーク)かなと思う。
本文中にあるとおり、東京ーニューヨーク間は13時間の時差だが、せっかくニューヨークにきたならば、仕事だろうとも夜のフリータイムはナイトエンターテインメントの予定を入れたいというのが人情だろう。

しかし、ミュージカルなど、必ず途中で眠りこけてしまう。
苦労して予約したマンマミーアも、最後の観客のスタンディングオベーションとダンスで起きた…。

ニューヨークって、いつも日本に帰国するころに時差ボケが直るなあと思ってたんですが、それもそのはず、本文中には「1日に無理して調整できるのは2時間ぐらい」ということは、13時間の調整に、6日間ぐらいかかってしまうということなのだ。
登場する例は直接アクションにつながるものばかりなのが新しいと思いました。睡眠計は以前からありますが、リズムがわかったところでどうすればいいか直接わからなかったりします。その辺りを解決しに来ているなぁと。

最後のクレイジーさんの例で、毎日計測したらインセンティブというのは古典的に見えますが、逆に新しいと思いました。睡眠への関心を高め、わいわいと取り組む雰囲気を作れそうです。
会社が睡眠を最適化する、悪く言えば管理することの是非を自問しました。経営側からすれば、パフォーマンスの最適化や勤続長期化につながるのでウェルカムですが、従業員側からするとプライベートな時間への介入とも取れるわけで簡単には賛成しかねます。
睡眠に限ったことではないですが、データを取ることが当たり前になるこれからの社会で、そのデータの権利やプライバシーは第一にユーザー個人にあります。経営側が自社利益のために、権利やプライバシーを阻害しないのか今後論点になると思いました。
休職や退職の理由で睡眠に問題を抱えている人が一般人より多い。3.1倍もあるとのこと。

起床と就寝のリズムをベースに体内時計を調整するアプリを取り上げています。デジタルな社会で健康であるためには、デジタル武装しなければならない、ということになるのでしょうか。

太陽が昇れば置きて、眠くなれば寝る。自然児として生きていきたいな、と思いながら記事を読みました。
時差ボケ対策もだけど、そもそも深夜便で質の良い睡眠ができると最高なんだけどな。
とにかく仕事においてコンディション高めるための投資は重要。それが睡眠だったりサプリメントだったり。
西に飛ぶとあまり時差ボケにならないのに東に飛ぶと時差ボケになる。
これは「短い一日よりも(東へ移動すると時間が早まる)よりも、長い一日(西へ移動すると時間が遅くなる)に適応する方が、体にとって簡単だから」だそうです。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/noronoron.com/treating-jet-lag/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAb219qHBvvL7_QE%253D
リリース楽しみです!個人的に、NY-東京は割とすぐ調整できるのですが、東京-NYでアメリカに戻ると恐ろしい時差ぼけが1週間ほど続くことがあります。しかもタイムセンシティブな日本とのビジネスメールは時差の関係で夜中にやり取りするため、悪循環。

アプリに頼るだけでなく、このアプリをきっかけに自分なりの時差ぼけ対策法を見つけることができればと。期待です!
この連載について
多くの人が悩みを抱える「睡眠」。生産性や健康と深いつながりがある健康の基本だが、その対策は後回しになりやすい。最新研究とスリープテックへの取材により、眠りの真実と極上の睡眠法、そしてスリープテックの今に迫る。

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.26 兆円

業績