新着Pick
1194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
分かりやすく説明しようと努力されていて私は勉強になりました。

(引用)"ニューロンの間を埋めるようにグリア細胞という細胞があります。このグリア細胞は、寝ている間に縮んで隙間ができます。

この隙間に脳脊髄液という脳と脊髄をぐるぐる循環している液体が入りこんで、掃除をする。アミロイドベータなども除去します。これがグリンパティック・システムです。"(引用終わり)

このグリア細胞が"がん化"すると治療に難渋します。
ピンクノイズを聞くと深い眠りにつくことができるそうです。でも、ヘッドフォンを装着して寝るのは抵抗があります。

リラクゼーションサウンドを聴きながら寝れば済むことのようにも思えます。

ウォーキングなどの軽い運動をしっかりやれば、あまりいろいろ考えなくても深い眠りにつけます。
海外のスリープテックはもはやブレインテックの領域と重なってきています。まだまだ睡眠は解明されていないことがほとんどですが、その起源メカニズムの多くが脳から来ているのは間違いないでしょう。最近ではイーロン・マスクの活動も盛んですが、脳の解明が睡眠の解明につながる日もそう遠くはないはず。
おお!NEUMO!脳科学の話は若林さんに!ですね!
興味深いお話ばかりですが、その手の睡眠介入にデメリットはないのだろうかと、気になってしまいます…
ここ1,2年でよく耳にするようになったsleep tech。すべての人間が毎日必ず必要な時間である睡眠にはまだまだやれることがあるってことですね。楽しみにしてます。そして落合さんにこの特集読んでもらいたい笑
難しいことを、難しく説明されている時点で、あまり腹におちません。

人間の身体や、自然の摂理は、もっと単純だと思うからです。

ここに書かれていることを、全て守っても、単に精神的なプレッシャーになるだけのように思います。

そして、そもそも、未だにアルツハイマーの原因はわかっていません…
しかし、夢がエンタメになったら疲れが取れるんだろうか。

フィリップスのデバイスは興味深いですが、効果の有無は曖昧なんだろうか。
この連載について
多くの人が悩みを抱える「睡眠」。生産性や健康と深いつながりがある健康の基本だが、その対策は後回しになりやすい。最新研究とスリープテックへの取材により、眠りの真実と極上の睡眠法、そしてスリープテックの今に迫る。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
97.9 兆円

業績