新着Pick
1332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
分かりやすく説明しようと努力されていて私は勉強になりました。

(引用)"ニューロンの間を埋めるようにグリア細胞という細胞があります。このグリア細胞は、寝ている間に縮んで隙間ができます。

この隙間に脳脊髄液という脳と脊髄をぐるぐる循環している液体が入りこんで、掃除をする。アミロイドベータなども除去します。これがグリンパティック・システムです。"(引用終わり)

このグリア細胞が"がん化"すると治療に難渋します。
ピンクノイズを聞くと深い眠りにつくことができるそうです。でも、ヘッドフォンを装着して寝るのは抵抗があります。

リラクゼーションサウンドを聴きながら寝れば済むことのようにも思えます。

ウォーキングなどの軽い運動をしっかりやれば、あまりいろいろ考えなくても深い眠りにつけます。
おお!NEUMO!脳科学の話は若林さんに!ですね!
フィリップスはIoT分野でも自社の製品のAPIを率先して公開するなど、他社や他業種との連携に非常に積極的で好感が持てますね。

「f分の1ゆらぎ」は近年は扇風機の風の質を表現するキーワードとしても語られることが多いです。バルミューダの「GreenFan」やパナソニックの製品など、自然界の風を追求し、それが「夜、寝ている時に浴びても不快でない風」なのだとすれば、やはり睡眠とリンクしてくるのだなとふと思い出しました。
ここ1,2年でよく耳にするようになったsleep tech。すべての人間が毎日必ず必要な時間である睡眠にはまだまだやれることがあるってことですね。楽しみにしてます。そして落合さんにこの特集読んでもらいたい笑
海外のスリープテックはもはやブレインテックの領域と重なってきています。まだまだ睡眠は解明されていないことがほとんどですが、その起源メカニズムの多くが脳から来ているのは間違いないでしょう。最近ではイーロン・マスクの活動も盛んですが、脳の解明が睡眠の解明につながる日もそう遠くはないはず。
睡眠に関してはかなり興味がありますね。
わかっていないことも多いです。

みなさん、いびきや呼吸が止まっていると言われたことはないですか?
朝の倦怠感、日中の眠気などありませんか?
年取って疲れやすくなってるなぁと感じてますか?


もしかしたら睡眠時無呼吸症候群(現在では睡眠呼吸障害)かもしれません。医学的に改善の余地があるかもしれないので、気になる方は簡易検査から試してみてください。
夢まで操れると、サブリミナルとかの効果も載せられそうで少し恐い。ただ、睡眠の質が上がると、間違いなく一日の生産性は上がるので、この分野の研究発展はとても期待。製品化されたら会社全体に導入したい。
興味深いお話ばかりですが、その手の睡眠介入にデメリットはないのだろうかと、気になってしまいます…
難しいことを、難しく説明されている時点で、あまり腹におちません。

人間の身体や、自然の摂理は、もっと単純だと思うからです。

ここに書かれていることを、全て守っても、単に精神的なプレッシャーになるだけのように思います。

そして、そもそも、未だにアルツハイマーの原因はわかっていません…
この連載について
多くの人が悩みを抱える「睡眠」。生産性や健康と深いつながりがある健康の基本だが、その対策は後回しになりやすい。最新研究とスリープテックへの取材により、眠りの真実と極上の睡眠法、そしてスリープテックの今に迫る。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
235 兆円

業績