新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その通りだと思う。つまり、自動運転は、交通に関する全体システム(物的設備や法制度等の社会資本、そして、システムの指導理念を含む)の完備で初めて実現するものであって、個々の自動運転の技術だけを高度化しても解決できない。今、「流行りの」実証実験は、だから、全体システムの本質的解決に向っていない感じがする。いつまでたっても、解決しない。

規制緩和は、この意味に限って、賢明な建策であって、パッチワークような、ばらばらのシステムを個々に規制緩和をするのは、かえって、自動運転の完成から遠ざかるように思う。

最大の難関は、自動運転において、非定常な場面で、利害関係者の間での利益を調整する指導理念が合意されていないことだ。

たとえば、社会的更生の最大化を解決の指導理念とすると、全体損失がより小さい選択を優先することが当然となる。
これは、本来pricelessの人命の価値を定量化することになってしまう。
信号機が高度化されていない。法律問題もありますが、IoTやAIを交通インフラに導入してスイスイ走れるよう高度化したい。ソフトバンク本社が移転する竹芝のCiP特区で実装しませんか?
早期の規制緩和は日本がMAASでのトップランナーになるチャンス。SBだけでなくトヨタと一緒にやってるのは大きい。ロビーが進みそう

現在の日本は自動運転を受け入れる体制が整っていないとして、法律などを自動運転社会に向け最適化する必要があるとの認識を改めて示した。
法律のせいにするのおかしいでしょう。国民の意識とそれを反映するメディアが原因です。中国等で成功した結果、我が国でもなんとか導入できる意識が醸成されるのでしょうね。
MONETができたということは間違いなく、日本の自動車業界の将来にとって大きな出来事だった。このチャレンジを日本の省庁が縦割りでなく後押しできるかが次の試金石。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.2 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.90 兆円

業績