新着Pick
310Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東南アジアで急成長しているグラブフードの体験レポを動画付きでお届けします。フードデリバリーのプラットフォームを提供するテック企業の戦いが熱くなっています。

ゴーストレストランとは仕組みが異なりますが、熱戦が繰り広げられるアジアのデリバリー市場を消費者目線からみる試みをしました。

堅調に経済成長する東南アジアでは、需要の強い中間層を中心に、今後ますます、フードデリバリー市場が拡大していくことが見込まれます。
ライドシェアのグラブはAlipayやWeChat Payと同じように決済サービス、金融サービスを拡大しています。配車からフードデリバリー、ビデオなどのサービスがキャッシュレスで利用できます。

さらに、配達員の報酬は即座にグラブ口座に振り込まれる。それをモバイル決済のGrab Payですぐに使えるというサービスも。ドライバー向けの自動車購入資金の融資や保険など多様な展開を視野に入れています。
GrabやGojekなどの「スーパーアプリ」現象の起源は中国。AlipayやWechat Payを模して、東南アジアに取り込まれました。かつて「コピーキャット」だった中国は、いまや他国のお手本に。あらゆるサービスが未発達なため、全てが「スーパーアプリ」に飲み込まれる現象。

一方、先日出席したカンファレンスで、GojekのCTO曰く「何をやらないか、をいつも経営陣で議論している。軽々しく手を広げると、ユーザーの期待値を裏切る顧客体験になってしまう」が印象的でした。インフラが未成熟なエマージング国ゆえに、丁寧なサービス構築がカギ。大型ファイナンスが目立つ、大味な印象のユニコーン企業の競争源泉は、ユーザーに寄り添うきめ細かなサービス提供と感じました。
社名は言えませんが、食事というオフラインのデータを徹底的に集め、それを外食のビジネスモデル転換に活かそうという企業もいるので、見ている視点が大きいなとアジアでは感じる部分です。
「スーパーアプリ」という言葉は、昔の「ポータルサイト」を想起させる。
PCウェブやポータルの時代から、アプリになって単機能化が進んだ。Facebook Messengerも最初は同じアプリ内だったのが分離した。一方で、それが中国やアジア圏では、スーパーアプリという形で統合的に提供されて進化しているケースが増えていると思う。
スマホの性能的ボトルネックが少なくなってから一気に普及したリープフロッグ現象の賜物かもしれないが、なかなか興味深い。今でも欧米日は分かれているものが多いと思うが、これからどうなっていくだろうか?生活に溶け込むなかでポイントも増えているという点ではスーパーアプリ化していく要因もあれば、機能単位で分かれている方がUIとしてシンプルで使いやすいという点もあると思う。
GrabもFoodPandaもすごい便利なので、これからの展開が楽しみ!
アジアの新興国はまだまだコンビニが発達してないですからね

そのかわり、みんなスマホは持っている