新着Pick
854Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今でこそ、リクルートの教育研究所所長をしたり東京学芸大学の教員をしていますが、私自身は中卒の父親と高卒の母親を持ち、家族で大学に進学した人もおらず、幼少の頃の家庭環境も複雑で、元々は学びからはほど遠い存在でした。

途中から母子家庭となりますが、母親の「教育は機会を創る」という言葉に励まされ、また奨学金など社会からの恩恵も受けて学び続けられました。

学び続けてきた結果、多くの扉が開いたこともあり、今回私の学びの習慣を本『レア力で生きる「競争のない世界」を楽しむための学びの習慣』にて公開させて頂くことになりました。

国会議員秘書に始まり、ベネッセ福武会長(当時)秘書、GREEを経てリクルート、東京学芸大学と変遷してきたキャリアの中で、試行錯誤を繰り返しながら実践してきた学び。

過去、カエルの着ぐるみを着て仕事することもあったり、やむを得ず仕事でラブホテル(と最初は分からなかったのですが)に30泊することもありました。。。(笑) お陰でひとりカラオケにはまることになったのですが(笑)。

これからの時代を楽しむために、どのような学びが必要か。どうしたら「個」を活かせるか?

読後すぐに取り掛かれることも書かせて頂きましたので、ご関心ある方はご高覧頂けましたら幸いです。
共感
「マジョリティには競争がつきもの」は、ハッとしました。
自己PRやマウンティングに力点がある人の背景。

自ら言うのもなんですがレア族です。
マイペースなので、協調は好きですが周囲と競うより仕事に集中できる環境が向いている。自然と心地よい場に流れ着いてました。

努力の方向の違い。
日本人の大半は大学へはいることが目標となっています。それまでは勉強するけれど、大学はレジャーランドだと考えている人が多い。大学では勉強せず、社会人になってからはもっと勉強をしなくなる。

でも、充実した人生を送るためには、ちょっと人とは違うことにチャレンジすることが大切。「「好き」と「学び」を習慣化するだけで、マジョリティから脱することができる」ことがこのレポートに記されています。

やはり「発信する」ことでしょうか。「発信する際には、インプットが欠かせず、それの繰り返しが基礎力を高めていき、人に伝えることで自分の中の知識も定着します。」という締めです。その通りだと思いました。
間違いない。
「好き」を見定め、体験に投資して、レアを極める。
私も20代全部、自分の「好き」にこだわり映画・恋・落語・恋、音楽・恋・本・恋・写真・恋・絵画・恋・旅・恋・博打・恋と、打ち込んでいたこと(全て真剣な経験)が、あとあとめちゃくちゃ効いてきたと思います。少し能力が高いと予備校の先生に集まるのに、敢えて「手薄な」幼児教育に賭けたことが、ビジネス的にはレアになれたと思います。
この本は読まなきゃ。
従来は、大企業に入って定年、もしくは出向・転籍まで、その企業の庇護の下にある人がたくさんいました。

いきおい、外部で通用する「学び」より出世に役立つ社内政治に時間を費やすことが多かったようです。

某メガバンクの人事部で「勉強法」に対するアドバイスを求められた時、
「私は今…を勉強しています」
と言ったら驚かれました。

「37歳を過ぎたら、後は流すだけで勉強の比強はないのではないでしょうか?」
と言うご意見。

出世レースが決着したら「それ以上の努力」は無意味だということなのでしょうか?

勉強等の努力をしなくてもそのままレールで運ばれていく時代ではなくなっています。
「終身雇用」は次第になくなっていきます。

勉強習慣を身に着けて、自分価値を高めましょう。
レア力というと特別な能力に聞こえるかもしれませんが、私が教わったレア力への近道をご紹介。それは、2つ以上の道でプロフェッショナルになること。1つだけを極めた人は大勢いるけども、2つ以上のことをちゃんと理解できている人は意外と少ない。一方、世界は多様化してきていて、1つの分野の知識だけでは解けない問題が多い。
「自分の「好き」を発信する」というのは一旦ハマると止められなくなるほどに習慣化するので、その対象が見つかっていない方は「興味・関心があることを手当たり次第」やってみるというのに尽きるのでしょうね。結局「好き」なことは続きますし、継続は力なりですから。
「教育は機会を創る」良い言葉だと思います。記事にも触れられてますが内省、つまり自分を知ることの重要さと体験重視の現実的な学びの手法が記載されてます。
大人=社会人の学びは何も机に向かってインプットするだけではなく、対話によって得られるものも多くあります。
個人的には専門性や特技の掛け合わせがさらに競争優位に立てると思います。
日本人でありながら英語が話せるのは特技ですがこれに英文会計や英米法という専門性を掛け合わせると他人に真似が出来にくくなります。
「英語ができる」ということよりも「英文契約が読める、交渉できる」ことや「米国会計基準」や「IFRS」を理解していて、議論ができることが実践的であり実社会でより「レア」だからです。

一方、一つの専門的な分野を極めると自分が一番詳しくなり競争は生まれないですが、はたしてその分野が将来も魅力的なマーケットかどうかはわからないのでリスクはあります。但し、自分が好きな分野であればマーケットや待遇はそこまで気にならないので問題ないかもしれませんね。
発信すること、アウトプットすることは自分の頭の整理にもなるし、目的を持ったインプットにも繋がり効果高いと思います。「自分の好きを発信する」というのはまさにその通りですね。それを通じて新たな出会いが生まれたりもしますし。