新着Pick
101Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バブリ採用をしたり、極端に採用を絞ったり、離職率が上がって、社員の構成が歪になっているのではないかと推測します。そのための合理化という意味合いが強いと思います。
 定型業務の自動化で浮いた時間をどう生産的に使うのか。金融機関の収入増につなげて欲しいです。
銀行業務における自動化の余地は大いにあると思います。
単純に時短になるだけでなく、訂正処理の件数削減にも繋がると思います。一旦訂正が発生するとその修正作業に多大な時間と人件費をかかります。行員のストレスも半端ないです。

反面、お客さまによって処理が微妙に異なるなど一律自動化することが難しいものも多くあります。結果完全な自動化は難しく、処理中も人の目によるチェックが必要で、検証もサポートシステムはあれどやはり人の目で行う必要があるのだろうと思います。
人員削減がボトムラインの利益確保に直結します。一方で、同時に行員の方のモチベーションを維持するのかが重要だと思います。

国内では一等地の支店の数もまだ無駄に多い印象があります。
国内業務では、国内の円預金を作成するだけでは完全に赤字業務です。

海外も必要性に疑問が残る支店や出張所が散見されます。
海外支店や非日系業務は現地のローカルスタッフの方が語学力や専門性が高く日本人の居場所も減っています。役員も外国籍の方が増えていますし、銀行がグローバル化すれば株主からも外国人役員の登用が要求されるでしょう。

日本人が生き残る為には専門性(金融商品、ストラクチャードファイナンス業務、ディーリング)を軸に社内ネットワークを活かすことかと思いますが、専門性が無いと生き残れません。
メガバンクは外貨のファンディングに苦慮しているので、外国籍の役員が増えてくると大手外銀と合併をすることも十分にあり得るシナリオだと思います。

個人的には専門性があるかどうかの目安の一つはその業務で転職ができるかどうかだと思います。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.94 兆円

業績

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(みついすみともフィナンシャルグループ、英語: Sumitomo Mitsui Financial Group, Inc.)は、三井住友銀行(SMBC、都市銀行)、三井住友ファイナンス&リース 、SMBC信託銀行 、三井住友カード(クレジットカード会社)、日本総合研究所、SMBC日興証券を傘下に置く金融持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.15 兆円

業績