新着Pick
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プライムデーの米国内支出は合計58億ドル(約6300憶円)と推計されるとのこと。

国内ECとの比較だと、ヤフーショッピングの年間流通総額が7,000億円くらいなので、プライムデーの米国内支出は2日間でそれに迫る勢いということになります。
https://ecclab.empowershop.co.jp/archives/58388

しかしもっと全然すごいのは中国の独身の日。天猫(Tmall)の取扱高は1日でなんと3兆円超えてます。文字通り桁違い。。
https://netshop.impress.co.jp/node/5975

【追記】
すみません、Kato Junさんと被りました!><
Amazonの世界における規模感、とても参考になります。
7/15のプライムデーに大量のオムツやらおしりふきの定期便やシーチキンの大量発注をした直後に7/18にプライム会員が満了、自動更新のお知らせが来ました。
満足度ピーク時と更新月がかぶり永遠に解約できないスパイラルにいます。
普通の安売りと違ってプライム会員費年間99ドル払ってもらってるのがやはり大きいですよね、改めて。プライムデー目当てで大量のプライム会員加入があったとありますが、その人達は今回のプライムデーの買い物を含めて99ドル分の元を取るためにamazonでの買い物にコミットするわけで、プライムデー以外でも相当額の買い物をするでしょう。しかも、プライムデーの告知コストは非常に低いでしょうし、プライムデー用のディスカウント原資は出品者負担なのにプライム会員費はamazonが全額手にします。プライムデーだけ買い物をするチェリーピッカーがいてもamazonは全く困りません。
プライムデーは、魅力的ですよね!
自分は、調査のために、会員をなったり、やめたりしてますが、今回のプライムデーは個人的に買いたいと思って、会員になろうと考えたくらい魅力的なセール品の数々です。

プライムデーは、アマゾンで買おうという人が、アマゾンでショッピングする日なので、競合他社を検索する人も少ないですから、アマゾンでの購入に集中します。

プライム会員がどれほど増えたのか、調査機関の発表が楽しみです。
必要なものを最短経路で買うというのがいつものAmazonのユーザー体験ですが、プライムデーになると「何かないかな」という探索の姿勢に入って普段Amazonでは買わないようなものもポチってしまい、その商材についてその後もAmazonでリピートするという行動を促すのでプロモーションとして結構ハマるんだろうなと思われます。
トランザクションの多さをプロモーションの成果と考えると相当うまくやっているなと。
僕もAmazonのセールは好きでいつも踊らされているわけですが、今回も予定になかったスニーカーを買ってしまいました…。
58億ドル!さすがアマゾン。強いですね。

日常的にアマゾンを使いすぎているので、「必要な時に必要なものだけを買う」購買スタイルが確立していて、「何かいいものないかな」と探しに行く習慣がすっかりなくなってしまいました。
それでもせっかくプライムデーだからとちょっと気になる商品をカートに入れて悩んでるうちにキープ時間が過ぎてしまうという。。
すっかりお祭りに乗り遅れてしまった人な感じです。

一方で、プライムデー当日に「退会」の検索も増えているというのは気になりました。https://newspicks.com/news/4060770/
売上高は昨年のプライムデー初日より53%多かったとありますが、引き続き高い伸び率を実現していますね。ここからの会員継続率も肝ですが、そもそも会員のLTVがより高まる仕掛けの連続が他社を包み込んでいます。
Amazonの凄さは、
・目的持って購入するユーザー
・衝動買いをするユーザー
の2層を取り込めていること。

最強のレコメンドシステムが、日常の目的買い⇆プライムデーの衝動買いを繋げている。

物流含めて完成されたシステム。
ブラックフライデー&サイバーマンデーを超えるとは完全に新しい市場を創り出したという印象があります。
とりあえず日用品を爆買いして1年持たせておく、という新しい消費者行動を促しているようです(少なくとも私自身は・・・)
米国で58億ドルとのこと。Amazonの売上は6割北米、4割その他だが、その比率や購買力などを考えると、世界中で100億ドルにはいかないだろうか。
もちろんすごい規模ではあるのだが、Alibabaは独身の日に一社で300億ドル以上の売上で、独身の日の規模が改めてすごいなーと。

業績

eBay Inc. (イーベイ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼに本社を置くアメリカ合衆国のグローバルEC企業で、世界中で1.6億人、Sellerは2,500万人(個人・法人含む)とインターネットオークションでは世界最多の利用者を持つ。事業内容は自社ウェブサイト上でC2CおよびB2Bなど個々間での取引を可能にするグローバルマーケットプレイスの運営である。 ウィキペディア

業績

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア

業績