新着Pick
432Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ファクトフルネスは、教育に携わる人にこそ読んでもらいたいですね。先生が世界に対する認識を間違えていたら、彼らに教わる子供たちも間違った見方を覚えてしまいます。」

その通りです。認識を間違える以前に、世界の情勢に目を向けて日本の教育の現状を考える機会がより必要だと感じています。大きな絵を描かないまま今日明日の授業をするのは、コンパスを持参せずに登山するのと同じこと。

『ファクトフルネス』には多くの数字が出てきます。同書に掲載されていない数字についても、今は簡単に確認することができます。Gapminder Toolsという、様々な数の相関を1800年から2018年まで分かりやすく理解できるサイトがあります。例えば、X軸に収入、Y軸に平均寿命と入れると、各国、各地域におけるその変遷が確認できます。米国では小学校の授業でも利用されているサイトですが、大人にとっても興味深いものになっています。

Gapminder Tools
https://www.gapminder.org/tools/
主な批判に対する回答。反響が大きな本だったことが伺えます。

本論法で思い出すのは、「デフレの正体」の藻谷浩介さん。
世の中の空気と事実(ファクト)は異なる、とずっと説かれており講演でもクイズ満載です。

リクルート時代、戦略商品価格帯を決めるため全国の販売実績の分析をした際、仮説とのギャップがあり方針転換したことがある。データは結論の補強だけに使わず、仮説検証に使いたいものです。
ファクトをきちんととらえ、分析をフラット、時に角度や枠組み、視点を変えて行う。あらためて大事。
人間は思い込みにとらわれがちだと自覚することも大切ですが、常に記憶の摺り替えが行われていることも意識しておく必要があると思います。
ファクトフルネスがここまでヒットするとは思っていなかった、と語る共著者のアンナさん。読者から寄せられた指摘や批判に対して、自ら答えてもらいました。
次に取り組んでいるというプロジェクトも興味深かったです。

余談ですが、共著者の故ハンス・ロスリングさんとの思い出について聞くと、「彼は考え事をしている時、チーズを切り刻みながら黙々と食べる」という一面を明かしてくれました。夜な夜な議論をかわしながら出来た一冊だったそうです。
思い込みを乗り越える思考法は、とても参考になります。その思い込みを排除するのがファクト。そのファクトを瞬時に理解できるのが、可視化したグラフやチャート。テキストではわかりにくい事実をデザインひとつで瞬時に理解できるものに変えられる。それを教えてもらいました。
この間one of the 進学校sの本庄早稲田で高三の生徒さんたち向けに授業した際、世界が40人(一クラス人数)の村だったら、ていうワークショップやりました。めちゃ盛り上がって、教科書で読むだけではなく、こうして実際の自分達の生活と照らし合わせて考えてみるとより現実味が増し、次のアクションに繋がると考えますazs.
ほんと教育者ほど読むべきですね。小宮山さんがコメントしてるギャップマインダーは、個人的には10年前から自分の講演資料で活用してました。MITのMBAとかで使われてると聞いてましたんで。
良くなっている、良いは違う。これはまさに。
敢えて書かなかったこととその理由が著者から説明があるのはとてもいいですね。そしてその理由がわかりやすい。次に取り組んでいることも面白そうで形になって現れることを期待したい。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。