新着Pick
754Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
40年10円維持はすごい。
コスト削減努力は、本書で解説されている通りだが、それ以上に利益確保より持続可能性への経営マインドが高いことが不可欠だろう。

うまい棒以外の話として、駄菓子の成立と駄菓子特有の問屋の社会的機能の情報は勉強になった。
10円を維持し続けるって本当にすごいこと。うまい棒とガリガリ君は、キャラ含めて確立したブランドと、その手頃さを維持し続けていて、共通するものが多いと思う。
この本、読んでみよう!
Lindowsのキャンペーンでうまい棒をノベルティに初めて使いました。それからノベルティ需要がかなり増えた様子
原価構造はいったいどうなっているのか笑
問屋も入れているとすると常識的には原価4円、卸価格7円、とかでしょうかね。ここまでのこだわりだと、ひょっとするともっと原価は高いかもしれないですね。
もし資金調達が必要になったらクラウドファンディングとの相性が良さそう
‪うまい棒が高齢者福祉施設でコミュニケーションツールとして使われているの興味深い。‬

‪①機能価値:安くて子供のお小遣いで買える‬
‪②感情価値:美味しい!味を選べて楽しい!‬
‪③社会価値:世代を超えたコミュニケーション‬

‪魅力的なブランドはこの3つの価値を兼ね揃えている‬。

ここら辺を掘り下げるのには、ジョブ理論を学ぶことがオススメです!
駄菓子の歴史と文化がわかるレポートです。うまい棒を通して解説しているのでわかりやすい。
素敵な記事ですね!私もうまい棒は時々購入します。

大量生産により規模の経済が働いていることや、低価格販売によるコストリーダーシップ戦略をとっていることは社会人一年目でも理解できます。

個人的には、それ以上に同社は流通戦略が相当優れているのではないかと思います。

いわゆる、棚取りです。

うまい棒の購入が目的でコンビニに入る消費者はどれほどいるでしょうか。
うまい棒の購入が目的でGMSに入る消費者はどれほどいるでしょうか。

決して多くない。それでも、気づけばうまい棒を購入してしまう。その理由の多くは、目立つ場所にうまい棒が置かれて魅力的に感じるためです。
(レジ横にPOP付きで置いてることもしばしば(汗))

置く場所だけで、商品の売上は200〜300%変わると言われています。

やおきんの営業さんが、一生懸命バイヤーさんに営業し棚取りに成功した結果がこの売上を創っているのだと思います。

新しい味の発売も、書籍出版も、
バイヤーさんへの最高のアピールになります。
美味いですよね、うまい棒。特にコーンポタージュ味が好きです!

以前、自分の誕生日が代ゼミ名古屋校の授業だったことがあって、その日に生徒たちからうまい棒を80本プレゼントしてもらったことがありました。
帰京の新幹線の中でうまい棒を食べる、つまりトウモロコシをひたすら食べる、これはつまりフィードロットでした。
こういうの好き。

『「遠足や林間学校で駄菓子を買ってみんなで騒いで食べるのは楽しいですよね。うまい棒はその一番でありたい」というやおきんの願いが込められているのだ。』
うまい棒食ったことない子どもって中々いないのでは、というくらいに国民の駄菓子。あや値段であの満足度は中々ないですよね。たまに無性に食べたくなる時ありますね
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。疲れが溜まってきた「水曜日」は、読書で気持ちを切り替えよう。