新着Pick
448Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モスであることを意識させない店舗設計であれば、確かに1,000円は高くはありません。
いっそのこと、店舗名から「モス」というキーワードを無くしても良いかもしれません。

ブランディング全体を俯瞰したPRを求めるか否かと、リブランディングは別の発想が必要です。
訪店せず失礼かもですが、記事を見る限りソレジャナイ感がパナい。MOSのブランドや商品の様式がジレンマとなり脚を引っ張りそう。少なくとも記事の写真は全くインスタ映えしない。競合も、桜木町駅前にはキリンシティもありますしね。
なんか中途半端な気がしなくもない。

この手は今やインスタ映えが1番でしょ。どれだけハデに盛れるか。ソコに尽きる気がします。
既にモスクラシックというブランドがあり、1店舗のみの運営。
今回のモスの最高級店も、拡大を狙ったものではなくPR目的なのではないかと予測しています。

モスバーガーは、アグリ事業があり自社で農園をもっている。
生野菜を中心に、美味しさ、品質を保つバリューチェーンができていることが強み。

個人的には週一では食べに行く大好きなブランドなので応援!
これくらいがグローバルスタンダード
グルメバーガーのMDを作る際、1,000円の予算帯は800円からだったりするのでそこか少し下を集客商品として組み立てることが多いです。今回の下限1,000円での設計は中々に強気だなと思います。
リブランディングした方が良かったんじゃないかなー?モスという名前がつくとよほどフードのコンセプトが変わらない限りは常に既存バーガーとの比較がついて回る気がします。
モスバーガー(MOS BURGER)は、株式会社モスフードサービス(英称:MOS FOOD SERVICES, INC.)が展開する日本発祥のハンバーガー(ファストカジュアル)チェーン、および同店で販売されているハンバーガーの名称である。 ウィキペディア
時価総額
833 億円

業績