新着Pick
504Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アサヒが(社長が⁉︎)ビールに対して並々ならぬこだわりを持っていることがわかるインタビュー。若干ビールにとらわれ過ぎてる気もします。

それこそ今の吉本問題と同じで、昔から会長や社長と一緒に劇場とかからやってきた上の世代の芸人の感覚と、アベマやユーチューブを知ってる世代の芸人の感覚が違うのと近いなと。もはや美学なんでしょうけど。

ビールが提供してきた価値が何なのか、それはビールでなければならないのか、はもう一度考えても良いのではという気もします。

余談ですが、スーパードライって87年なんですね。生まれた年に出た商品と聞くと、それはそれで愛着わきますね
夏はビールでしょう。しかし、1994年からのビール出荷量の推移を見ると、マーケットは大きくシュリンクしています。

ビールにかかる酒税は350mlあたり77円。価格の3分の1ほどが税金。こんなに税金がかかっていたとは知らなかった。

でも、夏はやっぱりビールで乾杯でしょう。
税金の話は重要だし、むしろ税率アップの方が実は利益はでるのではないかと思っている。

缶飲料を買う際には発泡酒や、チューハイなど他のお酒にシフトする。また、飲食店ではお酒は極めて利益率が高い商材。なので、店舗としては利益が出るものを多く飲んでほしく、提供価格と税金含めた粗利で考えると、原価が安いチューハイはイノベーションだった(村さ来が開発したもの、居酒屋業態の業態進化や栄枯盛衰含めて下記の本はオススメ)。

市場が減る中で、むしろ利益が増えているものの代表はタバコ。タバコは税率アップのたびに需要は減っているが、実はそれ以上に値上げをしていて、利益としてはプラス。
ビールの不幸は記事にあるように、そのなかで発泡酒などを投入していること。そこは良くも悪くも競争が「負の均衡」になってしまっているように思う。あとは歴史の違いもあるが、タバコのように集約されてなかった。

居酒屋チェーン戦国史(中村芳平)
https://amzn.to/2veMui3
なぜビール業界は大量に広告をら打つ必要があるのか?
そしてターゲット層を拡張していくことが大切なのか?

ビジネスモデル理解することが大切。

"ビールは装置産業です。工場の稼働費が莫大なため、「大量生産、大量消費」しなければ、利益率が下がってしまいます。"
こちらの記事、結局スーパードライという印象で、これではビールのマーケットは変わらない印象を持ってしまう記事です。

でも実際はアサヒビールさんも、キリンビールさんも、単一商品のマス展開ではなく、個々のお客様の好みに合わせて品種を増やして、より多くのビールの楽しみ方を提供してきたのがこの10年くらいの変化ではないでしょうか。
また、企業としても国内ビール会社というより、グローバルな総合酒類メーカーとして進化を遂げてきたわけで、国内・ビールに固執はしてないと感じています。

安酒としてガブ飲みするような時代ではなく、様々な層が自分に合った様々なビールを楽しむ時代になるといいなと思っています。
やはりビールが儲かることもありあくまでビール、というスタンスが明確です。ただ、長期トレンドで見れば若者の「苦み」離れ。スーパードライのヒットもその流れのスタートとも言えますし、発泡酒や第三のビールが受け入れられたのももちろん価格が一番ですが苦み離れの舌に意外と受け入れられた、とも感じます。そしてチューハイやハイボールなどのRTDにシフトしており、色々な予測はありますが、将来的には市場の半分くらいはRTDになってもおかしくないと考えています
"ビールには独特な苦みがありますが、この苦みはある程度慣れないと、なかなかうまみに変わりません。"

子供の頃に親父の飲んでいるビールが美味そうでそっと口につけた時の記憶がよみがえりました。でも味はそこまで問題ではないのではないかな?ダイエットを気にしてというのが僕の世代では多いと思います。でも美味しいクラフトビールはじっくりと飲みたい。そこにはまだまだ発掘機会があると思いますね。
ビール離れでなく、そもそもビールに入ってきてない、と分析。しかし、甘いサワーとかに慣れた若者の舌が、ホップの苦味をどう感じるか。後、今350ml缶215円くらいの価格が150円になったからと言って、ビールへの若者のハードルが下がるだろうか?
「「味わいながらゆっくり飲むためのビール」として、私は海外でスーパードライを広めていきたいです。」なるほど。
 日本でも、そうアルコール摂取量を抑制しながらビールを味わうという流れが強まると思います。そのためにスーパードライももちろんありですが、多様な味を楽しめる環境作りをアサヒにも期待したいと思いました。
個人的にはキリンのホームタップみたいな売り方は興味津々です。ホームサーバを家庭に置かせてさえしまえば、必然的にそこのビールしか飲まなくなるので、いい戦略なんじゃないかと思いますけどね。ビールのサブスクモデルですね。
…ただ、高い…。価格設定ミスってないかな、あれ。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
アサヒグループホールディングス株式会社(英: Asahi Group Holdings,Ltd.)はアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品などを傘下に持つ持株会社である。東京証券取引所市場第一部上場。 ウィキペディア
時価総額
2.65 兆円

業績

アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア