新着Pick
931Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IT界のサグラダファミリア 笑

そしてまた数年後の経営統合で、構築し直し…ということもあり得そうですよね。

なんにせよおめでとうございます。

実際、「銀行」はとにかく全てにおいて安全第一ですし、それが役割でもありますから、これだけ時間がかかるのもある意味仕方がないかなとは思います。

銀行の良さの裏返しですよね。
お疲れ様でした。
でも正直銀行のシステム統合なんて裏の仕組みに興味ないユーザーが大半でしょう、私もそうです。

たまたまクレジットカード対応がない病院に自主診療費用35万払うタイミングとかぶり現金持ち歩くとか、旅行先で現金使わないようにきをつけるなどヒヤヒヤしました。

お疲れ様でした、でもサービスとは関係のない話でみずほの評判が上がる話ではないと思う。
関わった全ての現場の皆様、本当にお疲れ様でした。しかしそんなサグラダファミリアにしたのは誰かということですよね? サグラダファミリア完成に費やす様々なコストは、本当に目的にかなっていたのだろうか?今となっては・・・このスピード感が日本の大きな問題ではと思います。

便利な方に乗せちゃおうぜ、ではなくなぜ「oneみずほ」にそこまでこだわったのだろうか・・・想像するに、あくまで想像ですが、最初は政治的な問題だったのではと思います。組織は戦略に従う・・・のですが、政治は戦略を超えるそうです。
皆さんエンジニアに対して手厳しいですね(笑)。

もしかしたら本当にエンジニアのせいかもしれませんが、他にも発注者が無理な予算や納期を強いたとか、途中で仕様書がコロコロ変わったとか、必要な条件がギリギリまで開示されなかったなどの理由も往々にしてありえます。その場合はエンジニアのせいというのはあまりにも酷です。
おおお、おめでとうございます!
私は、みずほ銀行のシステムが止まっている期間、待ってただけの人だけど、サグラダファミリアの完成がなんだかうれしい!!
システム界のサグラダファミリアというのはかなり前から言われてましたが、その例えは「長年工事をしているのに全く完成の見込みがない」というところから、「ついに完成時期が明らかとなった」という比喩となり、「完成と言われていたのにそこからが大変」みたいな例えに最適となりました。
しかし、ついに先に完成したとのことで、関係者の皆様、本当にお疲れ様でした
関係していたシステム会社は、世間からの風当たりも厳しく、最後の2年間はかなりのプレッシャーを感じていたはずです。
ですから、最高峰の芸術作品として価値あるものと認識していますが、「IT界のサグラダファミリア」という表現は、関係者の気持ちを思うと使えません。

本当にお疲れ様でした。

次は攻めのシステムに昇華できるように、素直ぬ頑張って欲しいです。
良いか悪いかは置いておとくとして、日本にエンジニアが増えるキッカケになったプロジェクトとして未来永劫残りますよね。キャリアのスタートが「みずほの◯次請け」という人はかなり多いですよね。関係者の皆さまお疲れ様でした。
人生で一番初めに作った銀行が、富士銀行でした。いつのまにかみずほになり、みずほって何だろうと思いながらも使い続けていましたが、度々のATM停止が不便で不便でどうしようもなくなり、メインバンクを他の銀行に変えてしまいました。

みずほを見かけると"昔使っていた銀行"として、懐かしいです。未だに光熱費の引き落としだけはされていますが。いつかまたみずほがメインバンクになる日はくるのだろうか…。
うへぇ。流石に皮肉たっぷり
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.02 兆円

業績

第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
5.48 兆円

業績

日本興業株式会社(にほんこうぎょう、英語: NIHON KOGYO,.CO.LTD)は日本の大手コンクリート二次製品メーカー。略称は日興(にっこう)。 ウィキペディア
時価総額
28.5 億円

業績