新着Pick
215Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
10代の自殺、一番多いのが学校起因だということですが、
実はこの結果は今年に限ったものではありません。

ここ数年の数値を見ると、小・中・高・大ともに、子ども・若者たちは学校という場所に紐付いたことが理由で命を絶っているケースが最多という統計が出ています。
学業不振に、進路の悩み…。

10代で見た時に学校起因が最多となるのは、実はわかりやすく自然なことなんですよね…。
小・中学生にとっては、家庭と学校の場が生活のほとんど。
親の手助けを受けながら、成長していく年齢です。
この年齢層の自殺の起因は、学業不振の次にくる理由が、家族の叱責。
自殺起因は学校と家庭の二種類が上がっています。

その後、成長を重ね、高校生・大学生になると、親元から離れる子どもも。
家庭が嫌だと思えば、家庭から距離を置くこともできる年齢になってきます。
すると、生活の中心になってくるのは、学校になってきます。
この年齢でも自殺の起因となってくる理由のトップは学業不振。
その他、この年齢になると、進路への悩みも出てきて、こちらも自殺起因理由に上がっています。

この統計から見ると、学校が自殺の起因最多となってしまうのも仕方がないのかな…と。
彼らにとって、生活の中心である場が苦しいものになってしまっていて「逃げ場がない」状況に追い込まれてしまっているのかもしれません。

子どもや若者にとっての『逃げ場』は何なのか…。
現社会なら情報社会であるインターネット…?

いずれにしても、失うべきでない命がこの世からなくなっているのは間違いないことで、どうするべきかを考えることこそが課題です。
学校という世界が、その子にとってほぼすべてなのか、関係性や居場所の小さなひとつでしかないのかでずいぶん変わりそうだけれど、自分を振り返ると、学校以外の世界がどれだけあったかというと、部活を含めてほぼ学校(と家庭)だった気がする。

学校がよい場になることは重要だが、自宅と学校以外の世界がどこまで作れるかというチャレンジが重要ではないか。
インチキ占い師が、
「あなたには、悩みがありますね」
と尋ねる時、
外さない3つの項目があるそうです。

「人間関係の悩み」、「お金の悩み」、そして「健康上の悩み」

ほとんどがこの3つに当てはまるとか…。

10代だと、進学や学業が大人の「お金の悩み」に当てはまり、友達関係やいじめが「人間関係の悩み」に当てはまるのでしょう。

個人的には、もっと友達関係の悩みが多いと思っていましたが…。
この統計、基本的にずっと変わっていません。
未成年者が自殺というと、真っ先にいじめを思い浮かべるかもしれませんが、実は自殺に占める割合は少数です。
もちろん、いじめによる自殺もあってはなりません。ただ、そこばかりクローズアップするのではなく、子供たちの自殺をいかに食い止めるか、という大きな問題として捉えなければなりません。
年齢や国境も取り払うと、毎年80万人以上もの方が自殺で亡くなると報告されています。自殺の報告はそれが自殺であったのか確認できないこともあるため、様々な理由や事情から死因が自殺と報告されないケースもあり、実数は報告数よりもはるかに多いとの指摘もあります。

すなわち、母数自体に信頼性が十分担保できないため、統計の推移やランキングに気を取られた考察や対策は不適切な可能性があります。

予防医療の世界でも、自殺をどう防ぐか、は頻繁に話題に上がる重要なテーマです。なぜなら、自殺を行った方の約8割が自殺をする一年以内になんらかの体調不良で医療機関を受診することが報告されているからです。医療機関でも、適切にリスクのある方を検出し未然に防ぐことができればよいのですが、有効な方法はわかっていません。

自殺に保護的に働く可能性が高いこととしては、社会的なサポート、家族の存在、宗教への信仰など、いずれも人のつながりに関わることが報告されています。一方で、医療的な介入で有効に自殺を防ぐ方法は、様々な取り組みがあるにもかかわらずあまり知られていません。どのように自殺を予防するかは、小手先ではなく、社会の問題として、社会全体で考えていかなければいけないことを物語っています。
余裕のない先生方の環境を変え、個性を大事にする教育を取り入れることができれば改善するところは大いにあるように思います。
またもっと多様な学校が今後も増えていくところで居場所を見つけられる子供が増えるように思います。
公立か私立か明らかにしてほしい。ニュースを見ていると公立が圧倒的に多く感じます
面従腹背で出会い系バー通いの官僚が事務次官をやるとこうなる