新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
簡素で品質の良い生活用品という無印良品のコンセプトは、多くのフォロワーを生んだ。これはかつての日本でも同様だった。しかし無印良品は「愛着仕様」「私と生活」などの大手スーパー系ライバルを簡単に蹴散らした。

しかし、今の中国市場では、そう簡単にいきそうもない。記事にある「網易厳選」のネットイースは、越境Eコマースでは扱い高ナンバーワン企業であり、海外商品の調達力に優れている。またスマホのシャオミも「小米有品」というブランドに力を入れ、一部商品では大きな成果を上げている。

さらに上場のうわさされるメイソーも強力だ。パステルカラーの無印良品という感覚で、これは市場に新鮮さをもたらしている。売場管理力もある。ローティーンを含む若い女性の支持もある。当面成長に陰りはなさそうだ。

このように競合は厳しくなる一方だ。値下げはすでに数年前から継続していて、すでに即効性はない。残りは店舗の大型化だが、中国勢がブランド価値を上げていくなかで、費用対効果はどうか。しばらく中国の無印良品には、いばらの道が続きそうである。
課題が浮き彫りになった良品計画のQ1決算。
https://newspicks.com/news/4042169?ref=user_130194
これを踏まえたインタビューだと思いますが、スケールメリットを売価に還元するというのはその通りだと思いますが、むしろブランド品として商品を磨き直すベクトルが必要だと最近感じます。
第1の懸念としてキーワードである地産地消が単なる原価削減による品質とブランド力の低下に繋がらないか、お客様が求めている日本発の香りの低下を招かないかが気になる。

次に競合の台頭、消費者がブランドを意識しない時代をチャンスと捉えているようだが、MUJIは既に立派なブランドであることを意識しておかないと、お客様の選択肢にすら上がらない可能性がある。

新しい価値を打ち出す勇気、ブランドを再定義、再構築していくくらいの取り組み、そしていよいよ脱小売業を目指すような取り組みが必要だと思います。

メジャープレイヤーと市場シェア争いはやめて、「もう物は作らない」くらいのスタンスで、ベンチャーを育成したり、社会課題を解決していくプロデューサー業へとチャネルシフトした方が良い。

製造小売業から徐々に脱却する最初の成功事例になってほしいなと思ってます。
良品計画は今後海外では店舗の大型化と値下げを行っていくとのこと。
今年4月にオープンした「無印良品 銀座」もMUJI HOTEL GINZAを含むと地下1Fから地上10階までと大きい店舗ですね。
【銀座進出した無印良品 高級百貨店ひしめく中で輝く深いワケとは?】
https://newspicks.com/news/4040910
まぁ値下げも必要なんだけど、喫緊の課題はリアルタイムの会計と在庫管理システムの方だよ。物が売れてないとか利益が稼げていないってのが分かるのに1ヶ月以上掛かっている印象で、今の時代それでは有効な対策は打てない。店舗を大きくして店内在庫を増やせば機会ロスは防げるかもしれないが、売れない商品が出てくると在庫が溜まるだけになる。
日本の美意識をプロダクト/内装に体現されている稀有な会社なので頑張って欲しいです。

海外では日本と同じものが日本の3割増しくらいの価格で販売されていることが多いので、それを日本と同じ価格にするだけで、購入できる層は一気に広がるかと思います。

無印良品のまま価格帯を下げていくのか、別ブランドとしてアジアの大衆向けラインを作っていくのか。

決断は難しいとは思いますが、応援しています。