新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイヤは、イノベーションできる可能性の塊です!

こういった改善ではなく、改革を進めてほしいです。

未だにパンクというローテク問題から抜けられていません。
補修用の後付けタイヤでは国産とミシュラン、コンチネンタルなどのヨーロッパ勢、さらに最近は価格優位のアジア勢も伸びています。
タイヤを履き替える際は、ご自分の車の使い方を説明した上で、専門店のスタッフにアドバイスをもらうのが良いと思います。
EVは静かすぎて危ないので、むしろ特徴的なロードノイズが必要という考え方なのかと思っていましたが、やはり静かにするための努力も大切ですよね。

車重や加減速、メンテナンス間隔などが、個人所有のガソリン車から、シェアされるEVに変わると変わると思うので、例えばノーパンクタイヤにするコスト/メリットなど、新たな評価の方法が出てきそうですね(回転数あたりでのサブスクリプション等)。

航空機タイヤの業界でもイノベーションが起きてますしね。
解説はこちら。

立ち入り厳禁!最先端「航空機タイヤ」の秘密
https://newspicks.com/news/2979613?ref=user_145483
別に今に始まった話でもなく、EVに限った話でもないですけどね、タイヤの騒音は。
ブリヂストンのPR記事なんでしょうけど、それにしても具体的な対策が書かれていないので無価値に感じます。

パターンノイズ低減を目的としているようですが、なかなか難しいんですよね。
パターンノイズを減らすなら、ホーン効果を減らすために溝の容量を減らしたい(細い溝にしたい)のと、横方向に逃がしたい、と言う二つの対策があるのですが、これをやるとトレッド剛性が明確に落ちるんで、高速高機動時の安定性が落ちる、と。

で、みんな悩んで悩んでやってるわけですね。
このあたりはレグノを始めとしてた静音タイヤが出てから活発な感じがします。ここ25年くらいですかね。今に始まった話ではなく。

https://kuruma-uru.sakura.ne.jp/post-7110

ヤラシイ話すると、EV用ならエコピアでも突っ込むのでは?
サイドのレターだけ「TURANZA」にして。
そんなもんのような。北米向けなら低速タイヤですし。オールシーズンかも。
株式会社ブリヂストン(英語: Bridgestone Corporation)は、東京都中央区に本社を置く世界最大手のタイヤメーカーおよびそのブランド。 ウィキペディア
時価総額
3.28 兆円

業績