新着Pick

日本のキャッシュレスが遅れる2つの理由

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
736Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一部事業者のセキュリティ意識が低いせいで業界全体の遅延を招いていることは確かでしょう。
本当に皮肉なものです。
彼らはよく「セキュリティはイノベーションを遅延させる」と言ってたのでしょうが、今は彼らがセキュリティをおざなりにしたばかりにキャッシュレスというイノベーションを遅延させています。
滑稽でなりません。
統一サービス作って、マイナンバーカードとセットにしてしまってよいなら政府としてもハッピー、決済端末喜んで小売店にばらまくと思います。政府がやらなきゃ(強制しないと)統一なんてできないです。

消費データおさえられれば、まず税を取り損なうことないですからね。消費しない人はいない、溜め込むためだけに所得や資産を隠す人はいないので…。ついでに消費や物価の統計もほぼ自動作成できますかね。医療費控除、セルフメディケーション税制なんかはわざわざ申告しなくても自動計算。年金や児童手当も勝手にチャージされます。

なんて話を受け入れていただけるなら、日本でも統一サービスできちゃうと思います。現金の廃止と、 国税その他行政職員や銀行郵便局窓口人員の大幅な削減も可能でしょうか。

…ホラーストーリー語るつもりが、案外よいかも、と思えたり。
某Fintechベンチャーの若き創業者と話をしてふと気が付きました。
日本で、キャッシュレス化を民間企業がリードすることが当たり前だと思っている理由は、多くの決済ネットワークの構築に政府(国)が関与していないからだと思います。
この筆者は、スウェーデンを引き合いに出していますが、スウェーデンは国が明確な目的を持ちキャッシュレスを推進しています。明確な目的は、結局のところ公平な課税です。脱税やマネーロンダリングを許容しないで公平な課税をするためには、無記名の現金では限界があるということです。

日本も、なんでその目的をもっときちんと明示しないのだろう?とずっと不思議に思っていましたが、某Fintech創業者の一言で納得しました。
その意味では、お隣韓国はかなりキャッシュレスが進んでいますが、韓国の方が上手く行っています。でも、これは1998年の経済危機に直面した副次的効果ともいえると思います。兎に角、税収をあげる必要があったわけです。

この記事ですが、部分部分で違和感がありますが、部分部分で納得するものもあります。

ちなみに、日本の決済手数料が高いのは、決済事業者にインセンティブを負担してもらってキャッシュレスを推進している形になっていることも大きな原因です。
20%キャッシュバックとかやっていれば、今は費用として赤字でやっていますが、民間企業ですから必ず長期的には利益を産まないといけないわけで、それは結局将来的な決済手数料の高止まりに行き着きます。

キャッシュレスが進んでいる国は、決済手数料が必要となる決済ネットワークに対して国が何らかの負担をしているところです。
ですから、今のように、ポイントやキャッシュバックを目的に決済を進める限り、決済手数料は欧州のように安くならないでしょう。

ちなみに、↓の部分は違うような気がしますね。

ヨーロッパでは銀行預金振替のモバイルペイメントが発達しており、クレジットカードの利用はそれほど多くありません。

もしスウェーデンのSwishを指しているのであれば、その決済額がカード決済額を上回っているとは一度も聞いたことありません。ただし、デビットカードを銀行預金振替とカテゴリーしているので、デビットカードとクレジットカードを比較すれば、国によってはデビットカードの方が決済額が高い国もあるかもしれませんが
1ページ目の日本の現金比率20%って何のデータ?信じられないほど低いんですが。口座引き落としとかも含んでるんでしょうね。

僕は日本でキャッシュレスが進まない理由を二つあげると以下の二点だと思います。

・現金しか使えない店が多すぎる(それは手数料なども影響している)
・高齢者比率が高い

潔癖性の私は、現金なんて「どこの誰か分からないオッサンが鼻くそ触った手で触れたかもしれない」とすら思っているので。
治安がよく、現金でいいから。

遅れるとかって話じゃない。
要らないから使われない。
最近、あちこちで話をしていますが、QR決済陣営各社がやっているキャッシュレス利用で得をするキャッシュレス・インセンティブ・キャンペーンでは、キャッシュレス化の劇的進展は望めません。
流通小売各社が、現金で買うと1〜2割損をするキャッシュ・ディスインセンティブ戦略を一斉に始めれば、キャッシュレス化の流れは一気に加速されるでしょう。人間、得する話に飛びつくエネルギーよりも、損する話を回避するエネルギーの方が強いのです。
スウェーデンは🇸🇪、街のテキ屋ですら電子決済可能です。今の日本の店舗普及率だと現金×電子決済の二刀流を余儀なくされます。
信用力が強く現金決済が社会的課題になっていない我が国においては、半ば無理やりでも圧倒的な面を取りデファクトを創り上げて欲しいです。
治安も良いですからね。
結構ドイツとかも遅れぎみみたいですね。
全く異なる観点からだが、「桜を見る会」の参加料がキャッシュレス決済になるようだったら、考えてみてもよい。

それまでは、安部政権下での新しい政策は全て腰だめで対応する。それが、庶民の知恵かと思う。
小売店がキャッシュレスを推進したくない理由は単純に税金を払いたくないからです。だから本来はキャッシュレスを活用したら、税金を安くするようなキャンペーンをして、全店舗に導入しないと意味がない。