新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私は実使用時に一番軽いLGのgramです。バッテリーライフが頭一つ抜けていて、ACアダプターを持ち運ぶ必要がなく、端子類も充実していますし、MILスペック取っていて、堅牢です。LGなので、液晶も綺麗で、値段が10万円ちょっとで、コスパも圧倒的です。良くキャンペーンもやっていて、キャッシュバックも多いので、Windowsならオススメです。

NECやVAIOが最軽量に拘らず、バランスを取るようになっていったのは、LGのgramの方向性と同じですね。

ただ、デザインはイマイチですね。VAIOやHuaweiのMatebookの方が良いです。
ハードウェアの差別化は、チラホラ出て来つつある。
QualcommのSoCを搭載して、常時接続、クラウド前提、有機EL・折り畳みディスプレイ。
LenovoのE Inkキーボード、ASUSのサブ液晶付きキーボードなど、キーボードの在り方も変わってきた。

それらが主力となり得るかは分からない。ただ、海外企業の変化に比べると、日本企業は次に繋がる何かが足りない気がします。VAIOの塗装や細部の拘りは否定されるものではないですが、もっと挑戦的な取り組みがあっても良いと思う。

記事はWindowsとMacの話だけど、日常の使用であれば、大半の用途はChromebookで事足りる。今日から始まったAmazonプライムデーには、Chromebookの特集ページがあり、この日に合わせて日本で発売された機種もあります。セール価格の為、ありがちな割高感も抑えられている。ただし、日本メーカーのChromebookは一つも無い。
今なら、「日本企業のChromebook」との触れ込みだけで差別化になりそう。数年前に東芝が海外で発売して以降なので、そろそろ日本企業もChromebookを考えてくれないかな。Windowsの主要な海外メーカーが揃っているのに、日本企業だけ無いのは理由があるのだろうか。需要が一番の理由だとしても、そこを狙う企業がいないのは残念。
MacBook Pro の欠点は重い事とキーボードタッチの悪さ

MacBook Air も Air の名に値しない

私がモバイルに使っている MacBook や ThinkPad X1 Carbon と較べると

MacBook __________ ... 0.92 kg
ThinkPad X1 Carbon _ ... 1.13 kg
MacBook Air _______ ... 1.25 kg
MacBook Pro _______ ... 1.37 kg
Panasonicのレッツノートを使っています。軽いし、堅牢、キーボードが打ちやすいなど良いところばかりです。
初戦道具なので、MacであろうがWindowsであろうが、アウトプットを出す思考マシンとしてはどれを使っても同じで、軽さとバッテリーの持ちを考えるとレッツノートで十分です。
13インチは要らないなー。でか過ぎて、キャンパスが大き過ぎて思考能力が集中できないです。
技術者としては、MacOSはUnixに準拠してるのが有難い。Windowsだといちいちcygwinとか入れなきゃいけないし、、、
軽さを追求して耐久性を犠牲にし、かつ価格も高い日本メーカーのノートPCは絶対に買わない。
富士通株式会社(ふじつう、英語: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として売上高で国内1位、世界4位(2015年)。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。 ウィキペディア
時価総額
1.77 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績

業績