新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
銀行の勘定系システムは本当に壮大で、何か新しい取り組みをしようとしても、勘定系にかかわると膨大なコストがかかり、手をつけられない、、
為替、ATM、送金などなどのシステムが別立てであり、それらに繋がないと銀行業を営めず、様々なシステム・ネットワークが複雑に絡み合っていて、勘定系を触るとなるとシステムベンダーに頼るしかない構造。
これだとコストばかりかかって、新しいビジネスって難しいですよね。
FinTechを積極的に!って推進しても横でちょこちょこやるだけになってしまいます。
地銀に限らず、コンプライアンスにかかる対応もますます大きくなり、システム対応も増える一方。
システム構造を変えていかないとなかなか収益をあげられる体制にもっていけませんね、
非競争分野である勘定系システムを個別バラバラに保有し、システム費用の大半を勘定系システム中心とした保守費に充て、肝心のフロント/ミドルの戦略的システム投資が出来ていないのは日本固有のシステム構造問題(海外では勘定系システム共有化は当たり前)。
一方で日本の場合はNTTデータやNRIはじめ独立系ソフトハウスが(金融機関はじめ各バラバラ機関系システムにより)、隆盛を極めているのが実情(そもそも海外には独立系ソフトハウスは殆ど無く各事業会社システム部門が戦略的にシステム投資を行うもの)。
金融機関に限らずシステム投資下手で、戦略的なシステム投資が出来ていない既事業会社の経営陣にとって、デジタルトランスフォーメーションやグローバル化により、待った無しの状況が着ている(たまたま地銀にフォーカス当たっているだけ)と観るべき話。
日経新聞1面の報道。「銀行の経営を監督する「金融検査マニュアル」を廃止し、その代わりにディスカッションペーパーと呼ぶ「考え方」をまとめた手引書をつくる。今回、このペーパーにITやシステム投資に関する考え方を盛り込む」とのこと。