新着Pick
479Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
良いプレゼン資料を作る方法として、
①全体の流れをわかりやすくする
②一枚一枚の内容をわかりやすくする

の2つがあると思っています。

記事で書かれている例は、②の一例ですが、
実は①ができていない資料が非常に多いなと感じます。

いきなりパワポを開いてスライドを書き始めるのではなく、
・まずはWordで言いたい内容をまとめる
・まとめた内容のメッセージ1つにつき、一枚のスライドを書く
を意識するだけでも、何を伝えたい資料なのかよくわかるようになると思います。
・なるべく複数行に渡る文章を書かない
・やむなく複数行になるときは改行の位置を工夫して意味の句切れにする
を意識するだけでも相当プレゼンは見やすくなります。

ちなみに、当研究室で研究開発したエンジンが搭載されているプレトレでは、上記のルールは一切教えていませんがデータ・ドリブンで上記第1ルールを自動学習し、確実に赤くしてきます。

AIによるプレゼンテーションのトレーニングサービス「プレトレ」の提供開始
https://www.pandi.co.jp/news/2019/service/20190603-2/


あと、このスライドでは2種類のフォントサイズしか使っていないのも味噌の1つ。あれやこれやとフォントサイズ、フォントサイズ、フォントカラーを変化させると逆効果です。バリエーションは持たせて2,3種類。
情報提供や解説が目的ならタイトルはキャッチーである必要はない

一流かどうかではなく、TPOってこと

ややもすると、一流気取りのキャッチータイトルで中身はスカスカって方がよくある
朝井リョウさんの短編小説「13.5文字しか集中して読めな」を思い出しました。

相手のことを思いやって伝わりやすいように努力することも大事ですし、一方で短い文章でセンセーショナルな表現に走りすぎると危険でもあります。バランスが大事ですね。
元ソフバンの前田さんの本の内容ですね。Yahoo!のニュースタイトルも13文字に拘っているので、自然とその背景を理解されているのでしょう。下記に詳細な理由が書かれていますので、興味あれば、アクセスしてみて下さい。

Yahoo!ニュース トピックスが13文字である理由

https://markezine.jp/article/detail/2224

プレゼンテクニックですが、これに拘りすぎて、時間を浪費している人をたまに見かけますので、ある種の【心掛け】であって、ルールにしない方が良いでしょう。ポイントを3つに絞るのも、どうまとめても4つなら、無理矢理3つにする必要はありません。
一つの方法だと思いますが、
全てだとは思えないです。

敢えてタイトルを長くして、
最初の掴みをバッチリしている
プレゼンに先日会いました。

業界のTPOもあると思いますが、
プレゼンテーターの個性というのも大事だと思います。
Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
「一流」って言葉を久しぶりに聞いた気がする。
2年前は毎週聞いてたような…
ムーギーさん、お元気ですかね?

ちなみにマジレスすると、プレゼンのタイトルなんて何の意味もないっす!
残念ながら改善後の完成品をみても、センスが良いようには感じません。

コテコテ感が否めない感じです。

もっと、シンプルでスマートなデザインの方が良いのでは?と感じます。

シリコンバレーが一番良いとは言いませんが、良いスタートアップやVCのピッチ資料は、本当にシンプルかつスマートで美しいです。
何事も『分かりやすく』が一番。特にプレゼンのように、難しい事を簡潔に述べる能力が求められる。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.6 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.17 兆円

業績