新着Pick
1590Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本国内におけるアパレル市場規模全体は停滞している中、アパレルECはCAGR10%(2014-2017)の成長市場です。

作り手/ブランドに目を向けてみると、ファストファッションのみならず、ワールドやオンワードといった大手アパレルメーカーもCAGR▲5%のマイナス成長であり、“大きなブランド”は低迷してきているように思います。
一方で、若者の間で流行り始めているのがInstagramなどのSNSを軸にしたインフルエンサーコマース。
17kg以外にも、PATRA・3MINUTE・Candeeなどプレイヤーが乱立している印象です。

中には中国や韓国の工場と提携することで、製造・加工から手がけているプレイヤーもおり、
昔と比較しこの工程での敷居が下がっていることも影響しているのかもしれません。

今後は製造や物流部分のみならず、”デジタル・オンラインも含めた売り方“が非常に重要になると思います。
安さ、だけではないのですよね。
韓国カルチャーの影響力は、日本以外の国でも強い。
ファッションだけではなく、美容やエンターテイメント全般的なものです。

なぜ韓国の文化が外国でも受け入れられ、経済を支える産業にまで成長を成し遂げたのかーー。
プロピッカーでもあるカン ハンナ氏の記事です。
https://courrier.jp/columns/150941/
こうした考察はもっと読まれた方がいいし、もっと研究すべきと思います。
売上2兆円達成のユニクロと比べると、成長を遂げたと言っても数十億円という点をどう考えるかがポイントであろうかと思う。要するに、17kgは購買代理を行っていると見るのが妥当のように思う。
しかし、配送やサプライチェーンの問題などを含めると、このままでメインストリーム化するとは考えにくい。だが、何らかのもう一段の技術革新があると、イノベーションにつながる予感が漂う動きだ。
一方、H&Mを始めとする店舗の撤退がこうした動きの影響と考えるのは少し短絡的に思える。むしろ、嗜好や体型のローカライゼーションがうまく出来ていなかったからではないだろうか。その点を東アジアのメーカーはうまく反映できているのではないだろうか。
大変おもしろいですが、売上数十億円の会社の話ということもあり、どれくらいのインパクトとして捉えるべきか微妙なところだと思いました。

「みんなが買う場所」が解体されて、世界中のECに分散していくという流れ自体はそうなのだと思います。
マーケット全体で見るとまだまだ小さなムーブメントですが、見逃せない動きだと思います。世界中の洋服をスマートフォンで購入できるようになった今、画一的なファストファッションの力は、少しずつ弱まっていくでしょう。
ZOZOもPBではなく、グローバルの服を扱うサイトとして舵を切ったほうが、実はユニクロを倒せるのかもしれません。
まったくユニクロを離れていない。もうベタベタ。でも若者ではない。ちなみにユニクロはファストファッションではありません。
潮流として、すごく面白い。私も若い頃は東大門市場の深夜に出かけて行き、やっすい服をその場で買ってました。笑
深夜2時とか3時に洋服を買うという非日常が面白くて…しかし、ホテルまで帰るタクシーを捕まえるのには苦労しましたが。

洋服のECというと、「試着できない」などの「リアルできてみることが出来ない」が、ネックの1つによく、あがります。

洋服というのは人に見せる、みられるという社会性のあるものなので、その社会性の出口が「リアル世界」ではなく、「バーチャルソーシャルな、世界」であることが多い若者層においては、最初からインスタのアカウントで洋服選びするほうが合理的なのかも!

私が夜中の東大門市場で買い物してたのって、20年前だから(😅)
東大門市場の製造の歴史、エコシステムと、ソーシャル経由の越境ECが結びついて、新たな消費が生まれてるんですね。
ユニクロは、90年代後半にフリースで一気にブレークしたあと、2000年代前半は「ユニばれ」という言葉と合わせて厳しかった時代。元々コスパは良かったが、そこから品質や機能性、デザインを向上させた。スゴイと思ったのが、ユニばれと嫌われていたのが、組み合わせることでファッション好きな人も結構使うまでに戻ったこと(少なくとも昔のような嫌われ方ではなくなった、一度拒絶されたものが戻るのは本当にすごいこと)。とはいえ、ベーシック領域中心に大量に作って、コスパを追求するモデルを持続、進化させているのは変わらない。

洋服は好きな人にとっては自己表現手段で、他の人と被りたくないという欲求は根元にあるもの。それはZARAの相対的な強さ。トレンド見ながら作って、航空便で送って、売り切る。でも店舗前提。
今は顧客チャネルをアプリで、そして自社でSCM持っていなくても展開しやすい。それの象徴的事例だと思う。逆にやりやすくなってるから、参入障壁も低い。買い方はこのようなのが広がっても、他の企業が拡大してく可能性も高いのではないか。

いま、規模的にはユニクロが大きい。相対的な規模は文字通り「桁が違う」だろう。ただ購買習慣は重要。こういう買い方で慣れた世代が大きくなっていった時に、どこで、何を重視して買っていくだろうか?そこが未来としては気になる点。
ん?ユニクロはそもそもファストファッションではありませんが。H&MやZaraとはビジネスモデルが違うんですけどね。なぜ一緒くたにするの?韓国ファッションやアパレルECの話をするならそれだけでにフォーカスすればいいのに、そこでなぜわざわざファストファッションを引き合いに出すんだい。売上規模としても全く比較にもならない
東大門市場のシステムは、少ロットと生産スピードとマーケットイン。同じことを日本でやろうと思うと、コストがかかってしまう。コストを最大限抑えて、日本のクオリティーを打ち出すことができれば、新しいマーケットを作ることができるのではないか。中韓には真似のできない新しい日本製ファストファッションの形。もちろん簡単ではないのだが、流通に時間をかけても成り立つなら、活路はありそうな気がする。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.62 兆円

業績

業績

業績